Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
X線回折装置(XRD)

D8 DISCOVERシリーズ

D8 DISCOVERシリーズは、高精度と高いパフォーマンスに加え自由度を兼ね備えたX線回折プラットフォームです。一般的な粉末X線回折から最先端材料評価に至るまで、幅広いアプリケーションをカバーするため、すべてのD8 DISCOVERは高性能X線源、専用設計光学系、機能特化サンプルステージ、マルチモード検出器などの最新技術で最適な装置構成を構築することができます。

D8 DISCOVERシリーズ

D8 DISCOVERは、結晶相の定性分析・定量分析をはじめ、構造解析、高分解能X線回折、反射率測定、逆空間空間マッピング、すれすれ入射測定 (Out-of-plane, In-plane)、すれすれ入射小角X線散乱 (GISAXS)、残留応力解析、集合組織解析、微小部回折など、X線回折・散乱をベースとしたあらゆる材料研究アプリケーションに対応できるように構成された多目的型X線回折プラットフォームです。

DIFFRAC.DAVINCIは、装置構成をリアルタイムモニターし、指定したアプリケーションに対して異なる組み合わせがあれば、ユーザーに適切な構成を案内します。対話式インターフェースを採用したDIFFRAC.SUITEソフトウェアパッケージは、測定プログラムの作成を効率的に促します。XRD分析に明るいユーザーにはすべての自由度を開放し、お好みの測定を実行することができます。強力な解析ソフトウェアは測定ソフトウェアと連動し、ボタンクリックのみで測定と解析を自動化し、解析結果の統計処理やパス-フェイル自動判別を可能にします。

D8ゴニオメーターを採用したD8 DISCOVERと、高精度ATLASゴニオメーターを採用したD8 DISCOVER Plusの2種類の基本プラットフォームをシリーズとしてラインナップしました。

人間工学に基づいた筐体設計により、D8 DISCOVERは実験室系X線回折装置の限界を超え、分析ニーズに最適化された装置セットアップを可能にします。

最適なD8 DISCOVERをお選びください

業界をリードするD8ゴニオメーターと大型DISCOVERキャビネットの組み合わせにより、最高の分析性能を備えた多目的プラットフォームを実現しています。

ATLASゴニオメーターの採用で、より正確で信頼性の高いデータが得られます。第3の操作軸”Non-Coplanarアーム”を組み合わせることで、新たな測定の可能性が拡がります。

特筆すべき機能

D8 DISCOVERシリーズの特徴

すぐれた拡張性と安全性を兼ね備えたエンクロージャー

D8 DISCOVERエンクロージャーは、実験室系X線回折装置の中で最大級の内部空間を提供します。特許取得済みのドア開閉機構により、サンプル交換の際に素早くアクセスできるスライドモードと、筐体全体にアクセスできるスイングモードをすばやく切り替えることができます。

X線回折装置の現在の状態はLED X線ステータスライトとインタラクティブなスクリーンキーでシンプルかつわかりやすく表示されます。筐体内部は調光可能なLEDライトで照らし出されます。装置制御に必要なケーブルだけでなく、外部コントローラー制御用ケーブルなども、X線の漏洩なく装置内に配置できる特殊機構を採用し、多様な分析ニーズに対応します。装置下部ユニットには、温度アタッチメントなどのアクセサリコントローラーを搭載するための19インチラックマウントスペースを確保しています。

究極の安全性と品質を誇るD8 DISCOVERはEU指令に完全に準拠しており、X線安全性、機械安全性、電気安全性、電磁波適合性など、分析用X線装置の世界最高水準の基準を確立しています。

D8 DISCOVERシリーズの特徴

最先端のX線源

D8 DISCOVERは、様々な技術に基づくX線源を選択することができます。封入型X線管球は、X線波長の切り替えを容易にするだけでなく、ブルカー独自のTWIST-TUBE技術により、ライン焦点からポイント焦点への切り替えに冷却水や電源などのユーティリティの切断を不要にしました。マイクロフォーカスX線源IμSは、2次元多層膜ミラーMONTELとの組み合わせにより、入射角とその直交方向のいずれにも高い平行度を有する入射X線を形成します。回転対陰極型X線源であるTXSとTXS-HEは、DAVINCI光学系との組み合わせにより、高効率で高強度なX線が得られるように最適化されています。3種のX線源はすべてSNAP-LOCKモジュールの組み合わせにより、さまざまなアプリケーションに対応する入射X線を切替可能です。

D8 DISCOVERシリーズの特徴

最先端のゴニオメーター

ゴニオメーターはX線回折計の心臓部です。D8 DISCOVERには、次の2つのオプションがあります。

標準D8ゴニオメーターは、業界唯一の回折角度のアライメント保証を備えたクラス最高の性能を備えています。精密な光学トラックレールには距離検出機能搭載しており、2次元検出器使用時に、角度分解能と記録角度範囲の自由度高めています。ゴニオメーター中央に高精度バヨネットステージ脱着機構を搭載することで、異なるサンプルステージもゴニオメーター中心に再現性よく搭載できます。

ATLASゴニオメーターはすべてのD8 DISCOVER Plusプラットフォームの中心にあり、材料研究を新たなレベルに導きます。ATLASゴニオメーターは、入射X線の回転中心精度をもう一段引き上げ、回折角度のアライメント保証をさらに強化しました。TXS-HE X線源やNon-Coplanarアームなど、新たなコンポーネントの選択肢を増やしました。

D8 DISCOVERシリーズの特徴

最先端のサンプルステージ

D8 DISCOVERには、バヨネット交換式ステージやベースマウント式ステージなど、豊富なステージオプションが用意されています。XYZステージには、Compact UMC、Compact UMC Plus 80/150、大型サンプル対応UMCステージがラインナップされています。

Compact UMC Plus 150は、150mmのX/Y可動範囲と無制限のサンプル面内Phi回転に加え、フィードスルー設計による2軸TILTステージのような追加アクセサリーを自由に搭載することができます。

ユーレリアンクレードルには、バヨネット式交換に対応したCompact Cradle Plus、80mmのX/Y可動範囲を備えたCentricクレードル、大型サンプルに対応したUMC 1516などがあります。その他に、ウェルプレート分析用にUMC 150 HTSなどの専用ステージも取り揃えています。キャピラリースピナー、ウェハー用真空チャック、雰囲気制御アタッチメントなど多くのアクセサリーをサンプルステージに搭載することができます。

D8 DISCOVERシリーズの仕様

仕様

D8 DISCOVER

D8 DISCOVER Plus

外装寸法 (高さ x 幅 x 奥行)

2,020 mm x 1,680 mm x 1,290 mm

重量(オプションなし)

945 kg

電源

単相:208~240V

3相:120 V、230 V、240 V

47~63 Hz

冷却水

封入管球:外部冷却送水装置

IμS:冷却水不要

封入管球:外部冷却送水装置

IμS:冷却水不要

TXS/TXS-HE:外部冷却送水装置

ゴニオメーター 標準D8ゴニオメーター ATLAS™ゴニオメーター(Non-Coplanarアームはオプション)
コンポーネント認識 自動
X線発生装置最大出力

封入管球: 3kW

IμS: 50 W

TXS/TXS-HE: 6kW

放射線安全性 2014/30/EU Compliance
電気安全性 2014/35/EU Compliance
機械安全性 2006/42/EU Compliance