Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
ハイフネート FT-IR、発生ガス分析

TG FT-IR

Banner TG-FT-IR

特長

熱分析は、固体または液体の有機および無機物質の特性評価に重要なツールです。熱力学的遷移、熱安定性、熱分解挙動、さらには化学反応について、広い温度範囲にわたり高精度な定性および定量的解析が可能です。

試料から直接放出されたガス、あるいは熱処理中に放出されたガスについて、熱分析だけで化学定性することは不可能ですが、フーリエ変換赤外分光法 (FT-IR) などの手法と組み合わせることは優れたソリューションです。

赤外分光法は古典的な手法であり、赤外光と分子の遷移双極子モーメントとの相互作用に依存します。等核二原子分子や希ガスを除いて、ほぼすべての物質についてそれぞれ特徴的なスペクトルを観測することができます。

これらの組み合わせにより、TG の定量能力と FT-IR の定性能力を併せ持つ強力な分析技術が得られます。

FT-IR と TG の 3 つの結合方式:

トランスファーラインを介して TG を FT-IR の外部ガスセルモジュールに結合します。この方式は、システムの柔軟性を最大限にすることができます。

さらに詳しく

トランスファーラインを介して FT-IR の試料室に設置したガスセルに結合します。

さらに詳しく

トランスファーラインを介さない  PERSEUS® 技術によるダイレクト結合。

さらに詳しく

利点

外部結合

外部ガスセルモジュールには、室温で動作する DLaTGS あるいは高感度の液体窒素冷却式 MCT いずれかの、TG-IR 測定専用の赤外検出器が装備されています。ソフトウェア制御により、システムを通常の FT-IR 測定または TG-IR 測定に自由に切り替えて使用することができます。

 

内部結合

化合物の検出感度は、ベールの法則に従います。それは、ガスセルの光路長と、分析対象成分の吸光係数および濃度によって決まります。吸光係数はそれぞれの化合物に固有で常に一定です。ガスセルの光路長が長いほど、より多くの分子が赤外光を吸収します。一方、濃度はセルの体積にも影響され、また試料の量にも影響されます。体積が小さいほど、発生するガスの濃度が高くなります。

 

PERSEUS カップリング

PERSEUS®は、ブルカーの高性能コンパクト FT-IR 分光計 ALPHA II をネッチの熱分析装置に結合させる特許技術に付けられた名称です。

詳細

資料ダウンロード

当社のハイフネート FT-IR、発生ガス分析分析装置とソリューションの詳細については、こちらから資料をご確認頂けます。