Bruker NMR User Meeting 2018

2019 NMRユーザーズミーティング

10月2日大阪/10月3日東京

今年も最先端の製品紹介、ユーザーの方のご講演など様々なコンテンツをご用意しています。情報交換の時間は、弊社社員だけでなく、お客様同士の交流の場としても、ご活用いただければ幸いです。
午前中にはアプリケーション部のメンバーが担当させていただく有用で個性的なワークショップを開催します。選択制ですので、ご希望のテーマを選んでご参加ください。

各日定員150名、参加費は無料です。

お申し込み期限:9月20日(金)17:30

お申し込みは以下のリンクボタンから。

大阪会場のお申し込みフォーム

東京会場のお申し込みフォーム

ワークショップ

午前中のワークショップに、それぞれテーマを選んでご参加いただけます。(9:30-11:45)

ワークショップ A
A-1:ファーマソリューション1:定量とGxP
A-2:固体NMRにおける自動測定の現状
A-3:SmartDriveNMRで効率の良いNMR運用を

ワークショップ B
B-4:ファーマソリューション2:反応モニタリング・スクリーニング・抗体高次構造分析
B-5:NMRプローブの取り扱い
B-6:TopSpinのポテンシャルを最大限に引き出すために

プログラム詳細

会場

大阪会場:
コングレコンベンションセンター
 JR大阪駅より徒歩5分
 大阪市北区大深町3-1
 グランフロント大阪 北館 B2F
 TEL:06-6292-6911
 地図PDF

東京会場:
東京コンファレンスセンター・品川
 JR品川駅より徒歩5分
 東京都港区港南1-9-36 アレア品川5階
 TEL:03-6717-7010
 地図PDF

プログラム概要

※プログラムは変更となる場合がございますので、ご了承ください

TimeTopic
 9:30ワークショップ A
10:45ワークショップ B
11:45昼食
12:50ご挨拶
13:00NMR 新製品情報  iProbe MAS, SampleCasePlus 他
13:20Ultra-high field NMR news and CryoProbe applications
13:40

1H/19F/Broad Band 核対応 新型三重共鳴プローブ iProbe TBO

13:55こんなとき ESR ~NMR ユーザーへ贈る ESR の活用法~
14:15

招待講演1:江奈 英里 様(エーザイ株式会社 メディスン開発センター ファーマシューティカル・サイエンス&テクノロジー機能ユニット 分析研究部
「医薬品開発研究における NMR の活用」

14:55休憩(ポスターセッション)
15:25招待講演2:右手 浩一 様(徳島大学 大学院 社会産業理工学研究部 理工学域 応用化学系 物質合成化学分野
「溶液 NMR による合成高分子のモレキュラーキャラクタリゼーション」
16:05カスタマーサポート部からのお知らせ
16:25ソフトウェアの紹介
16:40

NMR 講習会のご案内

17:00情報交換会