Languages

乳業向けFT-NIR(近赤外分析計) 生産性向上セミナー2022

6月30日(木)14:20~16:30

内容

FT-NIR(近赤外分析計)は、品質検査や工程検査を簡単操作で迅速・非破壊で分析ができる装置です。湿式化学分析やクロマトグラフィー等の従来分析の代替法として導入することで、分析に関わるランニングコストの削減、分析時間短縮による歩留まりの改善を促進し、生産性向上に寄与します。また、FT-NIR(近赤外分析計)は実験室内での分析に留まらず、インライン分析への展開が可能です。

国際規格としてISOとIDFが共同で発行しているISO21543/IDF201「近赤外分析による牛乳および乳製品分析のためのガイドライン」は2020年に改定され、従来の固体・粉体乳製品から、生乳・乳飲料等の液体にまで範囲が拡張されました。本ウェビナーでは1台で全ての乳製品を測定できるMPAII Dairy Analyzer (MPAII-D)のデモや製品紹介を交えながら、乳製品の測定事例やガイドラインの概要を紹介いたします。

 

日時:6月30日(木)14:20~16:30
形式:オンライン生配信※
参加費:無料(事前登録制)
発表者:Bruker Optics GmbH & Co. KG Joerg Hauser、ブルカージャパン株式会社オプティクス事業部 石川


※ウェビナー配信サービスには「GoToWebinar」を利用致します。
GoToWebinar のインストールが可能なPC及びモバイル端末等をご用意をお願い致します。
ご勤務先のセキュリティーポリシーによってはアクセスが許可されていない場合もございます。
事前にIT部門の方へご確認願います。ご登録後にウェビナー参加詳細が書かれたメールが届きます。
当日はメールに記載されたリンクをクリックし参加してください。(当日は10分前よりログイン頂けます。)

GoToWebinar システム要件はこちら→https://bit.ly/3sne6xl

2022年6月30日(木)14:20~16:30

※14:10ログイン受付開始(※初めてGoToWebinarでご参加の方は接続テストのため早めにログインを頂けますようお願い致します。)

※GoToWebinar システム要件はこちら▶ https://bit.ly/3sne6xl 

プログラム

14:20~15:20 FT-NIR(近赤外分析計)による乳製品アプリケーション事例とガイドラインのご紹介

ブルカージャパン株式会社オプティクス事業部 石川

(内容)弊社FT-NIR製品「MPAII Dairy Analyzer (MPAII-D)」、「TANGO-R」と乳製品分析事例のご紹介、弊社プロセス向け製品「MATRIX-F」「プローブ等アクセサリ」と乳製品インライン分析事例のご紹介、さらに生乳、加工乳、ホエー、クリーム等が測定可能な新製品の赤外ミルクアナライザ「MIRA」をご紹介いたします。また、従来分析法に変えてFT-NIRを導入することにより、得られるメリットや導入の注意点についてご紹介いたします。

15:30~16:30 MPAII-Dデモンストレーション

Bruker Optics GmbH & Co. KG Joerg Hauser※全編英語・同時通訳あり

(内容)Brukerは液体および固体乳製品分析用の新しいFT-NIR分光計MPAII Dairy Analyzer (MPAII-D)をリリースしました。本セッションでは様々な乳製品サンプルを用いて、ライブでデモンストレーションを行います。NIR分析のワークフローや、分析の速さと使いやすさをご確認ください。

このような方におすすめ

・乳業分野での品質管理・製造・工程管理に携わっている方
・FT-NIR(近赤外分析計)に興味のある方
・分析業務の効率化、時短を通して生産性の向上を計りたい方
・溶剤や試薬の使用量を減らし、SDGsに向けて取り組みたい方
・オンライン/インライン分析に興味のある方

 

プレゼンター

Bruker Optics GmbH & Co. KG Joerg Hauser氏

ブルカー・オプティクスのグローバル乳製品マネージャー、Jörg Hauser/ヨルグ・ハウザー氏は、FT-NIR(近赤外分光)分野に20年以上従事し、 世界中の乳製品工場で数多くの納品・設置に立会ってきました。社内だけでなくオンサイトの顧客トレーニングでも、彼の豊富な経験から得た技術的知識を提供しています。また、乳製品事業開発における役割として、彼はIDFを始めとする数多くの国際会議に出席した実績もあります。