Languages

SPR ウェビナー 

Bruker SPRユーザーズフォーラム

~Bruker Sierra SPR Pro シリーズによる分子間相互作用測定事例の紹介~

 

日時:2022年7月26日(火) 14:00 - 16:30

内容

1990年に表面プラズモン共鳴 (SPR) を基にしたバイオセンサーが商品化されて以来、SPR装置は分子間相互作用測定のツールとしてのポジションを確立しました。以降、装置の高感度化によりタンパク質等の生体高分子だけでなく低分子化合物にまで測定対象が大きく広がった今、「より速く・確実で・様々なアッセイに柔軟に対応できる」 SPR装置が求められているのではないでしょうか?
弊社では8ニードル、24/32スポット構成からなるSierra SPR Pro 24/32 を2020年に発表、業界屈指のスループットと様々なタイプのアッセイに対応する独自の機能を活かし、アカデミア・企業のユーザー様にご利用いただいております。
本ウェビナーでは、アカデミア・企業におけるSierra SPR Proのユーザー様方にSPRによる分子間相互作用測定の事例についてご紹介いただきます。

是非、ブルカーが提供するSPR装置による最新のアプリケーション事例に触れる機会にしていただきたく、皆様のご参加をお待ち申し上げます。


<形式>
ウェビナー

※ウェビナー配信サービスには「GoToWebinar」を利用致します。
GoToWebinar のインストールが可能なPC及びモバイル端末等をご用意をお願い致します。
ご勤務先のセキュリティーポリシーによってはアクセスが許可されていない場合もございます。
事前にIT部門の方へご確認願います。ご登録後にウェビナー参加詳細が書かれたメールが届きます。
当日はメールに記載されたリンクをクリックし参加してください。(当日は15分前よりログイン頂けます。)

GoToWebinar システム要件はこちら

2022年7月26日(火)
14:00 ~ 16:30

同業者のご参加はご遠慮ください。

こんな方におすすめのウェビナーです

・ 分子間相互作用測定装置を検討している
・ スクリーニングアッセイの構築を計画中
・ SPR装置のアプリケーション事例に興味がある

プログラム

14:00 - 14:30 Sierra SPR Proシリーズの特徴を活かした最新のアプリケーション紹介
ブルカージャパン株式会社 ダルトニクス事業部 アプリケーション部 大城 理志
 
14:30 - 15:00   SPRを活用した総合的な分子間相互作用解析への取り組み
東レリサーチセンターは受託分析会社として、長年、お客様の研究開発支援や分析技術の開発を行ってきました。
本講演ではSierra SPR Proを用いた分析例を中心に、様々な分析手法を組み合わせた総合的な分子間相互作用解析への取り組みを紹介致します。
株式会社東レリサーチセンター 岩野 直哉 様 

15:00 - 15:30 マルチバッファー分析によるタンパク質の結合親和性評価
タンパク質には、pHや塩濃度などの溶媒環境に応じて、単量体や多量体といった会合状態を変化させる性質を有するものがある。
本ウェビナーでは、pH依存的に会合状態の異なるタンパク質に対し、マルチバッファー分析を用いた結合親和性評価を実施した事例を紹介する。
株式会社ユー・メディコ 栗之丸 隆章 様

15:30 - 16:00 SPR-32Pro for chemical library screening
SPRを化合物スクリーニングに利用する際では、通常の相互作用解析とは別にスループット性を考慮しなければならない。
今回、どのようなスクリーニング系構築を行なったか、実際のデータを用いて紹介する。
北海道大学大学院薬学研究院 野村 尚生 特任講師

16:00 - 16:30 Information-rich High Throughput Screening with Multiplexing Surface Plasmon Resonance
The multiplexing capacities of the SPR Pro series allow to study the interaction of a drug candidate against multiple targets simultaneously; a task which requires multiple repetitions of the same screening with other techniques.
This enables information-rich screening campaigns at the next level. We present in this talk three real-life cases in which the multiplexing capacities haven been used to full extent for both small molecules and biologics with screening libraries of up to 10’000 compounds.
Critical aspects in automation for true high throughput screening are additionally discussed.
Dr. Cyrill Brunner, Bruker Switzerland AG, Industriestrasse 26, 8117 Fällanden, Switzerland

岩野 直哉 様
株式会社東レリサーチセンター

栗之丸 隆章 様
株式会社ユー・メディコ

野村 尚生 特任講師
北海道大学大学院薬学研究院