Languages

産業用のTD-NMRソリューション

繊維のディップコーティング

繊維のエラストマーコーティング
mq-one

ハイライト

工業繊維にエラストマーコーティングを行うことはディップコーティングとも言い、工業用繊維、織物、高性能繊維などの特殊な用途の繊維にとっては重要な要素です。繊維にディップコーティングを行うことで、最終製品のニーズに応じて、繊維の補強、防風性、撥水性など、繊維のいくつかの特性を向上させることができます。このコーティングは、衣料品、ベルトコンベアや自動車のタイヤなどのゴム製品にも適用できます。

特殊な用途の繊維には、防風性、撥水性、補強性など繊維の特性を向上させるために、エラストマーコーティング、いわゆるディップコーティングが必要となります。このような付加的な特性は、衣料品、ベルトコンベアや自動車のタイヤなどのゴム製品などの工業用の繊維にも適しています。minispecを使用することで、繊維のディップコーティングの量を、ワンステップで迅速かつ正確に測定することができます。

繊維のディップコーティングとは?

繊維にコーティングされたディップは、基本的には弾性特性を示すポリマーです。多くの場合、これらのコーティングは、カーボン、シリコン、酸素および水素で構成されています。エラストマーコーティングは、粘弾性があり、分子間力が非常に低い点が特徴です。繊維にディップコーティングを行った場合、密閉する接着剤として働き、対象物の柔軟性を保護するためのコーティングとなります。時には、コーティングが靴底の保護、タイヤのカバー、ある一定に制御された環境の断熱などにも使用されます。

ディップコーティングの量は、繊維、コーティング剤の種類や目的に応じて、5%から25%までの範囲です。繊維のディップコーティングに適用可能な材料としては、以下のものがあります:

  • 工業用繊維・織物・高機能繊維
  • マルチフィラメント繊維またはモノフィラメント繊維
  • ポリエステル、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリアクリロニトリル繊維

特長

特長

  • 非常に少数の標準品でキャリブレーションが可能(3~5点)
  • 試料の色や表面の状態に依存しない
  • 60秒以内のワンステップ測定
  • 磁石、磁石温度の安定性に優れているため、高い再現性

利点

利点

ブルカーのmqOne minispecは、ワンステップ測定で繊維上のコーティング量を迅速かつ正確に分析することができます。一般的に、繊維上に塗布されたコーティング剤の量は、繊維とコーティングの緩和時間の変化に基づいています。mqOneシステムでコーティング量を分析するには、まず繊維を試料管に入れて、サンプルの重量を測定します。システムは、コーティングされた繊維の時間領域(TD)NMR信号の減衰を測定します。コーティング剤の信号は繊維の信号と分離され、その振幅はコーティングの量と相関しています。

ブルカーのminispecシステムは、ウェットの化学分析、近赤外分析、重量測定などの他の分析法と比較して、いくつかのメリットがあります。繊維上のコーティングを分析するためのmqOneシステムのメリットの一つは、キャリブレーション用の標準品や必要なものが非常に少ないことです。さらに、このシステムは60秒未満のワンステップ測定を保証しています。mqOneはまた、優れた磁石と磁石温度の安定性により、高いレベルの再現性を提供します。

アプリケーション

アプリケーション

ナイロン繊維のコーティングを分析するために、キャリブレーション用にコーティングの量が既知の5つのサンプルを測定しました。 各サンプルは、2回ずつ繰り返し測定しました。 minispec mq20 スピンフィニッシュアナライザーの18 mm試料管に約5 gのサンプルを充填し、測定前に40℃でテンパリングしました。重量測定によって基準値を決定しました。TD-NMRと重量測定との比較は注目すべきもので、結果は図のように基準値とほぼ一致しました。

分析の例

ナイロン繊維上のコーティングの分析では、キャリブレーション用にコーティング量が既知の合計5つのサンプルを測定しました。オペレーターは各サンプルについて2回ずつ繰り返し分析を行いました。次に、mqOne スピンフィニッシュアナライザーの18 mm試料管に約5 gのコーティング剤サンプルを充填しました。これらの試料管を40℃でテンパリングしました。重量測定を行い基準値を決定しました。TD-NMRと重量測定の結果を比較したところ、基準値とほぼ一致しました。

ディップコーティング繊維の分析

繊維上のコーティングの分析は、市場に出す前に製品が適切に密閉、コーティングされているかどうかを判断する上で重要です。製造工程の重要な部分ではあるものの、繊維上のコーティングの適切なレベルを決定することは必ずしも容易ではありません。状況によっては、コーティング濃度の分析を迅速かつ継続的に行う必要があり、評価方法の改善が必要とされています。

操作が容易なブルカーのmqOneアナライザーは、様々な繊維や製品のディップコーティングの分析に使用できる1つのプラットフォームです。このシステムには、キャリブレーションバリデーションサンプルとキャリブレーショントランスファーサンプルの両方が付属しています。ほとんどのアプリケーションで必要とされるキャリブレーションサンプルの数は非常に少なく、多くの場合3~5個です。空のサンプルチューブの重量測定から結果レポートの作成までのワークフローは、アプリケーションにもよりますが、全体で5分弱で完了します。

仕様

仕様

  • ルーチン用 minispec mq-one スピンフィニッシュアナライザー
  • 研究開発とルーチン分析のためのminispec mq20
  • 完全にデータのトレーサビリティが確保されており、多言語対応のm+ソフトウェア
  • ガラスまたはテフロン®の試料管
  • minispecソフトウェアに自動で重量情報が転送される天秤
  • サンプルのテンパリング用の金属製サーモスタット(オプション)

サポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。