産業用のTD-NMRソリューション

minispec LF シリーズ

マウス、ラットの体組成分析
minispec_lf_Series

ハイライト

TD-NMRの技術を用いたブルカーのminispec Whole Body Composition Analyzerは、マウスやラットの除脂肪組織、脂肪や体液を生きたまま正確に測定する手法を提供するものです。

この体組成アナライザーには、新しく特に重要な特長があります。すなわち、麻酔を使用せずに動物を丁寧に扱うという、縦断的な研究のための新しい標準が確立されています。

2001年の初めの発売以来、minispec Live Mice Analyzer (LF50)は、研究室での特性評価、スクリーニング、マウス表現型測定のための強力で非破壊的、非侵襲的なマウス分析ツールとして、急速に受け入れられてきました。生きた状態のマウスの脂肪および除脂肪測定の業界標準となっており、大手製薬会社、糖尿病および肥満の研究機関や大学に設置されています。

核磁気共鳴分光法(NMR法)は、材料分析の非破壊的試験法として最良の手法です。NMRによる非侵襲的な生体計測は広く、有益な応用分野で用いられ、磁気共鳴画像法(MRI)、磁気共鳴分光法(MRS)は特に良く知られています。TD-NMR法は同じNMR技術を用い、MRI画像にコントラストを与えるのと同様の物理的選択性により、脂肪組織、赤身組織や体液を分析します。脂肪と筋肉のコントラストは緩和時間の相対差により鮮明になります。

特長

特長

minispec生体組成アナライザーは、時間領域NMR法を用いています。システムはサンプル全体のTD-NMR信号を収集、解析し、脂肪、赤身組織、体液の成分に分けて表示します。この磁気共鳴技術によって、動物が生きている間に以下の多様な計測が可能です。

  • 迅速な測定:前処理は不要で、測定時間は2分以内に終了
  • 経済的な手法:消耗品を必要とせず、高価な実験動物を研究全体のために保持可能
  • LF50は、体重60g までのマウス用
  • LF50Hは、体重60gまでのマウス用
  • LF90IIは、体重700gまでのマウスおよびラット用
  • LF110は、体重約1kgまでのマウスおよびラット用
  • 動物へのストレスを低減:麻酔処置が不要で、動物は「そのまま」計測
  • 動物の健康阻害リスクの軽減により、より頻繁な検査が可能
  • DEXA法(X線法)に比べて、精度および正確性が向上

利点

利点

  • 動物全身の体組成分析
  • 非侵襲的
  • 動物に無害
  • 麻酔が不要
  • 短時間の計測 (分)
  • ハイスループットの動物測定
  • 再現性の高い手法
  • 真の縦断的研究が可能
  • 丁寧な動物の扱い

仕様

仕様

  • 多検体測定のマウスの体重の上限は、通常約50g(80ml体積に相当)です。体重650gまでの大きい動物には、minispec LF90を推奨しています。
  • マウスベッドの最大内径:48mm
  • 精度および正確性:重量全体の約1%
  • 標準品による校正、動物による校正または必要要件に応じた校正が可能
  • 測定周波数:7.5MHz
  • 水平の状態で磁石にアクセス
  • ユーザーフレンドリーなインターフェースにより、測定中の操作が容易
  • 測定のためのMicrosoft WindowsシステムとMicrosoft Accessデータベースの組み合わせにより、ユーザーの負担なく安全なデータ管理が可能
  • ISO9000:2000 認証
  • CE適合

サポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。