Languages

産業用のTD-NMRソリューション

スピンフィニッシュ

天然繊維のスピンフィニッシュ(スピン仕上げ)の評価
mq-one

ハイライト

繊維にスピン仕上げを加えるのは、繊維製造工程の下流で取り扱いを改善するための重要な部分です。一般的に、スピンフィニッシュには、乳化剤、潤滑剤および帯電防止剤からなる水性エマルジョンが用いられます。その組成に関わらず、全て種類のスピンフィニッシュは、フィラメント、糸および工業用繊維の製造および加工において、潤滑剤として作用するなどの共通の特性を有しています。

特長

特長

スピンフィニッシュの役割

天然のワックスまたはグリース、あるいは天然繊維に認められる2種類の固有の潤滑性物質などの化合物は、繊維加工に必要なものです。しかし、工業用繊維は水分が不足していることが多く、摩擦係数が高いことが特徴です。スピンフィニッシュを施すことで摩擦係数を改善し、静電気を実質的に除去することができます。

スピンフィニッシュは、繊維の滑りを良くし、糸に十分な接合性を与えます。紡績工程では、完成したフィラメントは缶に巻かれ、それを一まとめにして延伸段階に持ち込まれます。この段階では、フィラメントはガイドエレメントとドローイングエレメントの間を通過させることが多く、フィラメントがエレメントの上を滑りやすく、空転しないものでなければ思うように進みません。

繊維表面のスピンフィニッシュ剤は、わずか数分子の厚さですが、加工の性能を左右する重要な要素です。繊維にスピンフィニッシュ剤を適切に分散させることで、紡糸機の繊維をよりスムーズに走らせることができ、迅速で信頼性の高い運転ができます。また、静電気の問題を回避し、フィラメントの凝集力を向上させ、繊維の十分な潤滑性を保証することで、適切な取り扱いをサポートします。また、人工繊維を繊維材料にするためには、スピンフィニッシュが必要です。

スピンフィニッシュが適用されるのは以下のような素材です。

  • 工業用繊維および高機能繊維
  • ステープルファイバー
  • 不織布
  • 加工糸
  • ポリエステル、ポリアミド、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリアクリロニトリル繊維

しかし、スピンフィニッシュの適切な量の決定は、必ずしも容易ではありません。適量のスピンフィニッシュの決定は、迅速かつ継続的に行う必要があり、評価方法を改善する必要があります。

利点

利点

  • ブルカーのキャリブレーショントランスファーおよびバリデーション用のサンプルのセットを利用可能
  • 非常に少ないサンプル数でキャリブレーションが可能(3~5個)
  • サンプルの色、表面、糸数に依存しない
  • 化学薬品が不要
  • ウェットの化学的分析法よりも高い再現性

防弾チョッキの製造など、特定の用途では、織物にスピンフィッシュ剤を含まないことが求められます。その他にも、表面の防風性や撥水性など、最終製品からスピンフィニッシュ剤を完全に除去する必要があります。mqOneは非常に低濃度のスピンフィニッシュ剤を検出することができるため、スピンフィニッシュをほとんど必要としない製品の製造に役立ちます。

mqOneシステムのワンユニット設計により、オペレーターは長期安定性と短期安定性の両方の面で、毎回信頼性の高い結果を得ることができます。また、従来のウェットの化学分析と比べて2~3倍高い精度があります。さらに、mqOneアナライザーはDaily Checkサンプルを搭載しており、オペレーターはシステムの性能が毎日チェックされ、保証されることで安心できます。このソリューションのために、ブルカーはサービス契約と完全なアプリケーションサポートを提供しています。

mqOneを使用したスピンフィニッシュの分析とキャリブレーション

ブルカーのmqOne スピンフィニッシュアナライザーは、キャリブレーション・バリデーションサンプルとキャリブレーション・トランスファーサンプルの両方が付属した、操作が容易なプラットフォームです。スピンフィニッシュキャリブレーション・バリデーション用のサンプルは、妥当性をチェックし、スピンフィニッシュ剤の濃度を正確かつ再現性よく定量するために不可欠です。ほとんどのアプリケーションでは、非常に少ないサンプル数でキャリブレーションができ、多くの場合、3~5サンプルしか必要としません。

仕様

仕様

スピンフィニッシュ分析のワークフロー

サポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。