核分子イメージング

PET Inline

高磁場 前臨床 MRIモジュール

技術の組み合わせ

を超えて

pet_inline

ハイライト

最高のPETの感度、優れたMRIのコントラストと高分解能

単純な技術の組み合わせを超えて

新しいPET Inlineモジュールは、全ての高磁場MRIシステムに追加することができ、卓越したPETおよびMRIイメージング性能を提供します。均質で高分解能、定量的なPETイメージングを特長とし、MRIの減衰マップに基づいた減衰補正機能を備えた全視野で高精度のPET定量を実現します。

マウスやラット用の迅速ロック式動物ベッドを備えた高精度な電動移動システムにより、完全に自動で撮像ができます。タッチスクリーン操作は手袋をしたまま行うことができ、完全に統合されたソフトウェアユーザーインターフェースにより、高い操作性を実現しています。

特長

PETの特長

  • 特許取得済みの縦横を完全に読み取ることができる連続LYSO結晶法は、ソフトウェアによるDOI (Depth-Of-Interaction: 深さ方向の相互作用位置) 補正の必要性を排除し、イベントの正確な3D定位を可能にします。この正確なイベント定位により、PET視野の中心から離れた場合の空間分解能の低下という課題を克服しています。
  • SiPMベースの高性能なエレクトロニクスによる読み出しを採用することで均質な空間分解能を実現、測定対象の大きさ、位置、動きに関わらず、FOV全体で一貫した再現性のあるトレーサーの定量化が可能です。
  • 動的および同期イメージング研究のための高い時間分解能と優れた画質を実現する、12%の感度で卓越したカウントレート性能を備えています。

利点

利点

  • Inline PET、ほぼ全ての既存の水平ボアMRI装置と統合可能
  • 1回の撮影で80 mm径150 mmの大型PET FOVが可能
  • 高速カウントの定量性能
  • SiPM 全視野精度PET、0.7 mmの空間分解能、12%の高感度
  • 呼吸および心電図のモニタリングと同期、体温のモニタリングと制御が可能

アプリケーション

アプリケーション

ワークフローとサポート

PET Inlineはワークフローを簡略化し、腫瘍学、機能的および解剖学的神経イメージング、整形外科、心臓イメージング、脳卒中モデルなどの幅広いアプリケーション分野をサポートします。

仕様

PET/MR の組み合わせ

  • PET モジュールは、既存の BioSpec および Agilent MRI システムと互換性があります。
  • ワークフローとスキャン プログラムを統合し、両方のモダリティを制御するために完全に統合されたソフトウェアインターフェース
  • 完全自動の高精度 PET/MR 画像生成
  • 超高速 4 x GPU 再構成。アドバンスモードでは、フレーム定義、ボクセルサイズ、PET補正を完全に制御可能
  • 高度な画像解析とキネティックモデリングにも対応する標準的なPMOD®ソフトウェアを含む

サポート

Labscape

Service & Life Cycle Support for Magnetic Resonance and Preclinical Imaging

Bruker’s commitment to provide customers with unparalleled help throughout the buying cycle, from initial inquiry to evaluation, installation, and the lifetime of the instrument is now characterized by the LabScape service concept.

LabScape Maintenance Agreements, On-Site On-Demand and Enhance Your Lab are designed to offer a new approach to maintenance and service for the modern laboratory