banner_surface_material_properties.jpg

表面材料特性

どのようにして Bruker が、材料開発向上のための表面材料特性の迅速で高性能な定量マッピングを届けるのか。

ナノスケールの材料特性マッピングには、新しい材料を開発するためのいくつかの重要な利点があります。粘着力または係数のマップによつて、複合材料中の内分の同定とそれらの間の接合部分の分析が可能になります。成分は常に小さくなるため、接合部分の特性は、顕微鏡的な材料特性にとってますます重要になります。薄膜の開発において、マッピングによって、均一性と他の特性についての情報を提供できます。

Bruker の原子間力顕微鏡 (AFMs) は、表面材料特性を測定する線的な手段を提供します。オプションの範囲には、弾性係数、粘着性、消散特性、そして変形の迅速で、高分解能で、定量的なマップのほか、硬度と弾性の時間依存的な測定と特徴付けが含まれます。先進的なソフトウェアによって、簡単な分析、データの視覚化、そして顧客の生産性を最大限引き上げるレポート作成が可能になります。