Tribology_527x245.png

摩擦試験

製品性能、寿命、信頼性を向上するための相互作用表面の科学の適用。

Bruker の摩擦計は精度向上のためにサーボ モーター制御を使用し、すべての共通試験概要を 1 つだけのプラットフォームに組み合わせます。モジュール設計により、同じ試験器であらゆる材料の多数の摩擦特性および機械特性の測定が可能になります。

コンポーネントを簡単に交換することで、数分以内にユーザーは往復運動と回転運動の間で、ピン・オン・ディスクからブロック・オン・リングへ、あるいはさまざまな ASTM、DIN、または ISO 標準試験に切り替えることができます。このクラスの他の機器と違い、Bruker の UMT TriboLab は、精密なサーボ制御の使用を通じて、高精度のローディングとカスタム運動パターンを行うことができます。