prime-eye544.png

タンパク質の定量

Bruker のタンパク質定量のソリューションを学び、あなたの研究に最適な戦略を選択します。

発現タンパク質の定量は生物学的プロセス解明やバイオマーカー探索のキーとなります。しかし、あらゆる研究に普遍的に使用可能な定量手法はありません。ProteinScapeでは幅広い手法から選択することができます。例えば、ゲル分離でのDIGE、ICPL、O18、非常に複雑なサンプルであればiTRAQやアイソバリック標識TMT、多数のサンプルを測定する場合のラベルフリーアプローチなどです。

使いやすいインターフェースから高度な可視化、検証ツールにアクセスでき、定量プロテオミクスデータから簡単に必要な情報を取り出すことができます

New Button 194x38px
Quantitative Proteomics

ここをクリックして 当社の発行している定量的プロテオミクスの新しい冊子をダウンロードしてください。