Dissolution
お問い合わせ

医薬品開発プロセスにおける溶出試験

溶出試験は医薬品開発プロセスを通して使用されるもので、製品リリースと安定性試験において固形経口剤形の要件となります。医薬品有効成分(API)の物理的な変化を検出するために使用するのに必要不可欠な分析試験です。薬剤が形成された後、その溶出特性は人体への吸収に直接影響を与えます。従って、例として錠剤の溶出率はこのプロセスにとって重要です。

錠剤の溶出と薬物放出は錠剤の材料、錠剤の形態的構造、表面材、溶出時のゲル層の特性、溶出時の環境のph値など、様々な特性によって制御されます。NMR顕微鏡は錠剤の溶出に使用可能な技術です。溶出プロセスは、水プロトンを観察しながら { [#0]}Dおよび[#1]}D画像で視覚化することが可能です。

原子間力顕微鏡法(AMF)もまた、溶出プロセスのダイナミクスを研究するために使用されており、製薬業界がこのプロセスを分子レベルで理解するのに役立っています。

AFMは、薬物相互作用、遺伝子運搬媒体、結晶の成長、粒子形成など、薬剤の製造プロセスの多くの段階を評価するために使用されてきました。