Quantification
お問い合わせ

低分子および高分子医薬品開発のための定量化

低分子および高分子開発のための網羅的定量化 - 新薬承認申請(NDA)書類には、新薬開発にかかわるあらゆる背景を盛り込む必要があります。それは初期臨床試験の結果、製剤過程、人体への影響から詳しい製造プロセス、パッケージ方法にまで至ります。どの段階においても重要となるのは、規制当局の厳しい審査に耐えうる定量データの生成です。

定量化における難題は、スクリーニング用リガンドの濃度確認、APIの効力測定、in-situ化学合成収率の評価など幅広い適用にわたります。とはいえ、いずれにおいても分析の基本は同じです。大量のサンプル調製や手法の開発、複雑な標準化を必要としない、非破壊的、正確、そして強固な技術が理想的とされます。

NMRおよびEPRシステムは本来定量的ですが、同時に非常に高いレベルの構造的情報も提供します。これらのファクターに、すべてのラボサイエンティストが技術にアクセス可能な画期的なソフトウェアツールや自動運用が加わります。