Structure Elucidation
お問い合わせ

医薬品開発における構造解明

医薬品開発における構造解明とは、すべての原材料、API、処方製品、または生体マトリックスにおいて、新たな不純物、分解物、代謝産物の識別と特性評価から化合物の化学構造を特定するプロセスです。 

このプロセスでは、生物製剤の重要品質特性(CQA)を特定しタンパク質の分子構造を理解するにあたり、タンパク質の高次構造(HOS)解析が重要な要素となります。

有機化合物の構造解明には核磁気共鳴(NMR)分光法が多く用いられます。その他の特性評価技術としては質量分析法、赤外分光法、X線結晶構造解析などが挙げられます。

単結晶X線回析では、化合物や生体分子の構造決定を行うことができます。現代科学において構造、機能、反応性間の関係を詳しく見ずして成功はあり得ません。この、極めて重要な情報を得るパワフルな手法が単結晶X線回析(SC-XRD、SXRD、SCD)であり、これは医薬品開発にとって必須のツールとなっています。

コンプリート モレキュラー コンフィデンス(CMC)はX線分光法により最適に補完された完全統合型NMR/LC-MSに基づくソリューションのコンセプトであり、小分子の特性評価や精製小分子解析に向けた構造解明に役立ちます。中でも、業務の簡略化を絶えず模索している合成化学関係者にとっては特に有益です。

インタラクティブ型NMR CMCソフトウェアツールを使用することで、構造解明のワークフローを紙ベースからスクリーンベースへと移行。また、本ツールにより合理的で体系立った作業が可能となるため、初心者から優秀な研究者まで、多様な医薬品の用途において未知の物質の解明を迅速に行うことができます。