Structure Verification
お問い合わせ

医薬品開発における構造検証

医薬品開発における構造検証では、化学専門の担当者が日々パラレル合成やコンビナトリアルケミストリーに基づき、膨大な種類の化合物を合成しますが、これには検証が必要となります。化合物の化学的同一性や分子式の情報を確認することは、生じる可能性のある不純物を同定するのに役立ちます。これは通常スクリーニング方式で実施され、純度レベルまたは不適切な識別を明らかにする大まかな評価が行われます。これは、化合物の化学構造を同定する構造解明のプロセスとは異なります。

コンプリート モレキュラー コンフィデンス(CMC)とはX線分光法により最適に補完された完全統合型NMR/LC-MSに基づくソリューションのコンセプトであり、小分子や天然物の分子式決定や自動構造検証に役立ちます。中でも、業務の簡略化を絶えず模索している合成化学関係者にとっては特に有益です。これにより、新規化合物の設計、反応経路の同定、反応条件の最適化、または化合物の合成を通して新機軸を打ち出そうという合成化学担当者の能力を最大限に引き上げることができます。

CMCは情報量の多い分光技術により得られた複合データの分析を支援し、対象となる分子の構造について検証の見込み、ならびにサンプルの分量や純度の概算を盛り込んだコンパクトなレポート形式で分子プロファイルを出力します。CMC-assistはデータの取得からスペクトル解析、構造検証へのプロセスを効率化させ、既知の構造に対するスペクトルの一致または不一致に基づき先へ進むことができるか否かのチェックポイントを担当者に示します。

NMRソフトウェア技術は測定時間に構造検証を完全自動でフレキシブルに実施する、機器と分析をシームレスにつなぐ技術です。

このソフトウェアは、溶媒抑制や2D実験といったさらなる実験が検証の信頼性を著しく向上させるかどうかの判断を検証実行中に実施するもので、分子構造を包括的に理解しているNMRの専門家、ならびに最低限の情報に基づき単純に構造検証を行いたい非専門家の両者にとって特に有益です。