DMPKは早期創薬に不可欠です

医薬品およびバイオ医薬品において創薬の状況を発展させる主な目的は、創薬パイプラインにおける薬剤候補の減少率を最小限に抑えることです。有望な新薬の薬物代謝と薬物動態(DMPK)プロファイルでは、バイオアベイラビリティ、半減期、クリアランスおよび代謝プロファイルなどの特性が評価される必要があります。次善のDMPKプロファイルは、薬剤リードの中止と、望ましくない副作用の主な原因となります。

創薬におけるDMPK研究の目的は、複数の化合物をスクリーニングして、それらに内在するDMPK特性を評価し、その後医薬品開発へと進む可能性が高い化合物のサブセットに対してさらなる代謝研究を実施することにあります。このため、薬剤候補の代謝プロファイルを理解しておくことが、早期の創薬で望ましいDMPK特性を持つ化合物を選択するためには不可欠です。

最近の創薬の過程では、早期の段階でDMPK関連のパラメータを発見パイプラインで評価することが推進されています。研究開発ラボは、高い薬剤標的との相性、低いクリアランス、そして高い経口バイオアベイラビリティ、最適な代謝特性を持つ分子を設計することに専念しています。これに伴い、DMPK研究は創薬の初期段階に組み込まれ、それにより薬物動態とin vitro代謝アッセイの両方におけるスループット機能が劇的に向上しています。

液体クロマトグラフィータンデム質量分析(LC-MS/MS)は、ますます増え続ける化合物に対して、高いスループットとサンプルの高感度分析を可能にし、これにより創薬および開発パイプラインを通して進歩する薬剤候補の数が増加しています。LC-MS/MSは、DMPK研究を行う研究者に好んで選ばれる技術であり、質量分析イメージング(MSI)はもともとはタンパク質とペプチドの分析向けに開発されていたものですが、近年ではMALDI-MSを使用したDMPKへと拡張されています。 MALDIイメージングでは、研究室で組織内の薬剤や代謝物を可視化することができ、薬物化合物とその代謝物を区別することができます。