Biomarker Discovery
お問い合わせ

バイオマーカー探索:バイオ医薬品チェーンの最初のリンク

バイオマーカー探索には、標的およびリード創薬から、前臨床および臨床研究さらに工程開発までの道のりが含まれます。バイオマーカーは、創薬開発における安全性と有効性に欠かせない情報を提供します。

バイオマーカーは、タンパク質、遺伝子配列または発現されたRNAなどの特定の分子から、血圧や体温などの生理学的因子にいたるまで、多様な場合があります。特定の部位または組織で発現されることもあれば、血清や血漿、およびその他の体液中に見いだされることもあります。この多様性のため、成功を遂げたほとんどのバイオマーカープログラムも広範囲に及んでおり、最も有益なバイオマーカーを発見するために、細胞、プロテオミクス、および遺伝源に対する調査がおこなわれています。

バイオマーカーは、薬剤候補を評価してどの候補で開発を進めるかを確立することで、より効果的な療法を設計および開発するために使用されます。安全性マーカーや有効性マーカーなど、観察できるバイオマーカーにはさまざまな種類があります。例えば、安全性マーカーの場合は、どの薬物候補が安全面でヒトに対して最も許容できるかを判断する際に役立てるよう開発されています。

バイオマーカーの検証では疾患に応じてレベルを変更する必要があります。また、バイオマーカーを同定し特性を評価することで臨床試験で失敗に終わる候補薬の数を低減することができ、効果的な治療法の導入に役立ちます。

組織内のバイオマーカー候補の分布を確立するために、MALDIイメージングとLC-MS技術を組み合わせて使用し、バイオマーカー検証を行うことができます。例えば、MALDIイメージングはサンプルの空間分布と組織学を保存するため、ヒトの癌サンプルの分析に最適です。MALDIイメージングは、これまで未知であった癌内にあるタンパク質の検出に適用され、成功を収めています。

バイオマーカーは多くの場合、複雑な生体マトリックスの組織から直接検出される必要があり、その場合MS/MSスペクトルを取得する必要があります。創薬にかかる所要時間を速めるため、組織からタンパク質、ペプチド、脂質、薬剤および代謝産物を測定する分子薬剤イメージングソリューションには迅速さと正確性が求められます。