Cell culture

Cell Culture Media

栄養素や汚染物のモニタリングは、細胞培養によるバイオ医薬品の製造において重要な作業です。

全反射蛍光X線(TXRF)分析は、最新式のラボインフラを必要としない、高速でコスト効率の良い分析方法です。

バイオ医薬品の生産における遺伝子組み換え細菌や哺乳類細胞の使用は劇的に増大しています。細胞培養は経済面でメリットがありますが、その一方で、糖化タンパク質のような一部の新しい製品は、生細胞内でしか処理されません。

バイオリアクターで培養される細胞には特定の条件が必要となり、糖やアミノ酸、緩衝系を含む細胞培養培地によって実現されます。マクロ栄養素およびミクロ栄養素は重要な役割を果たすため、生産過程中に取り込む必要があります。さらに、あらゆる細胞壊死のリスクを回避するために、すべての(金属)汚染を管理する必要があります。

TXRF分光計S4 T-STARは、栄養素の管理とあらゆる汚染物のモニタリング用の強力なツールです。サンプルは迅速なサンプル調製後に分析することができ、成分組成は時間のかかるキャリブレーションを毎日実施することなく定量化されます。自動による品質管理手順が、 毎日24時間体制での作業中に最も高いデータ品質を保証します。

S4 T-STARはガスや媒体、高度なラボインフラストラクチャを必要としない小型のプラグアンドプレイシステムです。運用コストはごくわずかで、基礎的なユーザースキルのみで十分です。

完全なXRF 468の実験報告をダウンロード (PDF)