drug_discovery_development_banner_2.jpg

化合物管理における品質保証

この数年間で、医薬品の研究開発で使用されるリード創薬物質ライブラリのコンテンツについて、より精度の高い特性評価に対する需要が大幅に高まっています。

この新しいアプローチでは、NMRをダイレクトヒットバリデーションに使用して、小分子スクリーニングデポジトリの質を高めることができます。Brukerの最先端の自動化技術を用いることで、非重水素化DMSOの10mM溶液で5µlの定量NMRスペクトルが2分以内に得られます。NMRによる化合物管理の品質保証は、次のような主な問題に対応します:

純度制御:

化合物が純粋で、偽陽性を生じる可能性のある副生物を含む混合物ではないことを保証する必要があります。

同定制御:

化合物の同定は、スクリーニングヒットからリード構造を特定するために必要です。

濃度決定:

ハイスループットスクリーニング(HTS)は親和性試験に基づくため、スクリーニング用溶液の濃度を把握することはとても重要です。親和性試験では、確実なID50親和性値を得るうえで濃度に関する正確な知識が欠かせません。