Fragment-Based Screening
お問い合わせ

包括的なリード創薬のための
フラグメントベースのスクリーニング

フラグメントベースのスクリーニング(FBS)は、フラグメントベースのリード創薬(FBLD)においてリード分子を見つけるために広く使われている手法です。この手法は、スクリーニングおよび合成に必要な化合物が著しく少ないことから、分子をスクリーニングするための最も一般的な方法としてハイスループットスクリーニング(HTS)に取って代わりました。結果として、従来のスクリーニング法よりもスクリーニング分子のヒット率が高くなっています。

また、FBLDはリードのような特性を持つ化学シリーズの生成においてより高い成功率を実現しており、これにより、より少ない化合物で劇的に広い化学構造空間を探索できます。フラグメントライブラリは、小さいサイズの化合物と少数の候補分子によって特徴づけられています。所望の標的タンパク質に結合するための初期の弱い親和性を有する可能性のある分子を同定した後、これらのリードは中強程度の結合親和性を達成するように最適化されます。各段階において、フラグメント-タンパク質相互作用は高感度NMR分光法によって検出されます。

FBSに使用されている生物物理学的な手法は数多くありますが、そのうち最も一般的なのはNMRです。NMRベースのフラグメントスクリーニングは、一次スクリーニングにおいて低親和性を有するリガンドを検出するのに理想的で、スクリーニングライブラリの品質管理が可能となることから、この技術は他の多くの方法よりも優れていると言えるでしょう。

簡単に言えば、NMRは高品質のヒットを生み出すことによって、リード創薬分野におけるFBSを容易にします。すべてのスクリーニングデータを1か所に統合し、手動プロセスを自動化することにより、補完的ソフトウェアと革新的なFBSツールを組み合わせることで、NMRベースのフラグメントスクリーニング中にデータ分析を大幅に迅速化できます。

ブルカーのフラグメントベースのスクリーニングツールは、取得から分析までのワークフロー全体を合理化することによって、強力なNMRデータを活用します。すべての関連データ、実験タイプ、化合物ID、参照スペクトル、その他の情報が自動的に収集され、プロジェクトファイルに保存されると、分析用の関連データがディスプレイに表示されます。