医薬品およびバイオ医薬品の特性評価のための強力なリード最適化ツール

初期の創薬では、hit-to-leadハイスループットスクリーニング(HTS)実験で得られたリードに、有望な化合物を同定するためのリード最適化が行われていました。潜在的なリードは、初期段階の創薬の最終ステップとして、リード最適化中の選択性や結合メカニズムなど、さまざまな特性について評価されます。リード最適化の目的は、リード構造の欠損を改善しながら、リード化合物の好ましい特性を維持することです。

前臨床薬剤候補を創出するには、リード化合物の化学構造(小分子または生物製剤)を変更して、標的の特異性と選択性を向上させる必要があります。また、薬力学的および薬物動態パラメータならびに毒物学的特性も評価されます。化合物を正確に識別し、最適化の経路を確立するために、ラボではリードの毒性、有効性、安定性、およびバイオアベイラビリティに関するデータを取得する必要があります。

創薬の研究者は、この下流の選択性プロファイリングとさらなる調査のために、薬剤候補の選択を絞り込む迅速な方法を必要としています。ハイスループットDMPK(薬物代謝および薬物動態)スクリーニングは、リード最適化の不可欠な部分となり、in vitro試験を用いたin vivo薬物動態の理解と予測を容易にします。より高い効力と安全性プロファイルを有する新薬を創出するために、薬剤候補の構造に対する化学的修飾が最適化を通して行われます。

自動スクリーニングシステムは、医薬品およびバイオ医薬品創薬研究所の重要な部分になりつつあります。質量分析法は、代謝産物の検出と定量化に使用されます。MALDIイメージングは、組織構造における薬剤候補とその代謝物を迅速かつ正確に評価するための重要な手法です。

さらに、製薬業界におけるNMRフラグメントベーススクリーニング(FBS)は、標的スクリーニングキャンペーンにおけるリード分子の発見および最適化のために広く適用される方法となっています。