banner_biopharma_3.jpg

工程開発&反応モニタリング

APIの製造工程の開発には予備設計および、原薬を製造するために用いる処方のスケールアップが含まれます。

ブルカーのMATRIX-MF FT-IR分光計による小規模化学バッチ反応をリアルタイムでモニタリングすることで、将来の製造工程に大きなメリットがもたらされます。ラボ分析を待つ必要がなく、反応の管理がより厳格になるため、深刻な問題がかなり早期の段階で検出され、安全で拡張性のある経路にふさわしい基準の選択に役立ちます。

NMRは、反応モニタリングの分野において振動分光法を大きく補完します。本質的に定量的であり、構造的に豊富かつ非侵入的であるため、これらの技術は反応中間体の同定と特性評価、反応機構に対する洞察、および反応速度の判断に非常に有用です。

NMRはラボ内におけるIRを補完し、工程に対する理解を深めることで、プラントにおける現場プロセスモニタリング時のIRの堅牢性と信頼性を高めます。InsightMRを使用して、NMRによる化学反応を実際の状況下でリアルタイムでモニタリングできます。データ収集と分析が内蔵されており、カスタム設計されたフローチューブが備わったInsightMRは、振動分光測定を補完する完璧なソリューションです。