MATRIX_F-Kopie.jpg

FT-NIRプロセスモニタリング

MATRIX-F_Industry.jpg

今日の製造業者の多くは、最高品質の最終製品を製造するだけでなく、ラボからの分析技術を取り入れて、自社のプラントに適用することで製造効率を改善することも目指しています。製造工程を厳しく管理することで、材料の使用を最適化して、規格外の材料の製造を削減または排除し、再処理や廃棄にかかるコストを回避することができます。

一般的な工程管理アプリケーションには、化学反応と中間製品および最終製品の品質の直接モニタリングが含まれます。

  • ウェブまたはコンベヤーベルトを通したプロセス反応器またはパイプラインの直接測定。
  • 長距離の遠隔測定。
  • 工程の理解と管理の向上。
  • 混合工程の均質性、構成化学物質の濃度、および様々な産業における重合プロセスの状態の判断に理想的なツール。