MATRIX_F-Kopie.jpg

オンラインFT-NIR分析

受賞歴のあるMATRIX-F FT-NIR分光計では、プロセス反応器とパイプラインで直接測定を実施できるため、プロセスの理解が深まり、より適切に管理できるようになります。

  • 数秒で出る正確なインライン結果
  • 測定ごとの複合成分
  • 非破壊分析
  • オプションの内蔵6ポートマルチプレクサ
  • ダイレクトメソッド転送
  • 堅牢な設計
  • イーサネット接続と業界標準通信プロトコル

詳細についてのお問い合わせ

リアルタイムFT-NIR

リアルタイムによるオンラインFT-NIR分析のメリットは十分に確立されています。しかしながら、従来の分光計は監視しているプロセスの周辺にしか設置できないため、アナライザーは急激な気温の変化やほこり・汚れへの暴露などの厳しい環境にさらされることになります。さらに、アクセスしにくい位置に機器を置く必要が生じることもあり、それが保護された区間外になることもよくあります。 

光ファイバー技術を使用することで、MATRIX-Fを分析場所などに配置しながら、アクセスが難しい測定点にも業界硬質化光ファイバープローブでアクセスすることができます。ブルカー・オプティクスは、様々なオンライン分析作業向けに完全ソリューションを提供しています。

最大効用

MATRIX-Fは、光ファイバー技術を使用して、たった1台の機器で接触および非接触による材料測定を実施できる唯一のFT-NIR分光計です。

  • 光ファイバープローブ:標準的な拡散反射率、さまざまなパス長の半透過または透過プローブのほか、プロセスフローセルやパイロットプラントアセンブリを採用することができます。プローブ材料には、ステンレス鋼やハステロイなどのさまざまな材料を利用できます。
  • 非接触測定用ヘッド:光ファイバーNIR照明と検出ヘッドには、サンプルを照らすタングステン源が含まれています。散乱光が集められ、光ファイバーケーブルを通して分光計に誘導されます。こうすることで、非接触測定を遠隔操作で実行することができ、新たな用途が大きく広がります。1台のMATRIX-FエミッションまたはMATRIX-Fデュプレックス分光計に最大6つのヘッドを接続できます。