Target Discovery

医薬品およびバイオ医薬品のための標的ベース創薬

バイオ医薬品創薬ラボでは、ワークフロー全体が標的ベースです。しかしながら、標的が未知であるために標的探索が標的ベースのスクリーニングに先行しなければならないという医薬品の創薬における大きな課題があります。標的探索は創薬と開発の第一段階です。標的探索の間に、未治療の疾患と闘うための新薬の潜在的標的を特定し、その標的をバリデートできます。標的タンパク質が最も一般的に使用されており、酵素標的、細胞シグナル伝達受容体、構造タンパク質および調節因子が含まれます。

標的ベースのスクリーニング中に、問題の疾患経路に関与することが既に知られている表現型スクリーニング候補標的と対照して同定およびバリデートされます。

 

標的への直接的または間接的な疾患への関与を実証するための実験が行われ、その薬物が臨床的に有効であることが証明されています。標的に合わせて望ましい方法でその機能を調節する必要があります。
標的のバリデーション
により、この生物学的反応を測定し、反応性を誘導する薬剤の効能を適切に評価できます。​​​​​​​

フラグメントベースのスクリーニングは、創薬標的の探索にとって極めて重要な手法です。FBSはどのリガンドがその特定のタンパク質と強い結合を示すかを決定するために、リガンド化合物のライブラリを用いて標的タンパク質に「挑戦」します。強く結合するリガンドは、疾患の原因となる分子標的薬の開発につながります。

NMRは、自動化されたワークフローにおいて、リガンドと標的との結合強度を迅速に決定するために活用されます。NMRを活用することにより、研究開発ラボは何千もの化合物をスクリーニングしたり、どの標的を検証してリード創薬を進めるかを特定したり、時間領域で結合活性を観察したりすることが可能です。

NMRと質量分析手法を組み合わせることにより、時間効率の良い標的発見のための化学物の構造および分子量に関する情報を得ることができるようになります。X線結晶構造解析の手法をもちいて、薬剤の結晶構造を解明できます。