HYPERION 3000 FTIR Microscope head

HYPERION 3000

HYPERION 3000 は従来の単素子検出器による顕微分光分析に加え、赤外分光の分野における最新技術のひとつである、二次元アレイ(FPA:Focal Plane Array)検出器による FT-IRスペクトルイメージングを可能にしたリサーチ顕微鏡です。FPA 検出器を用いたイメージング測定では、4,096 本の赤外スペクトルを含む、観測エリア340 x 340µm、ピクセル分解能2.7µm のイメージを秒速で取得することができます。さらに電動XYステージを用いて連続して測定される複数のイメージをタイル状に配列することで、より広範囲のイメージを得ることも可能で、この場合の測定時間も通常分単位と、これまでにない高速性能を実現しています。優れた光学性能をもつHYPERION 3000 では、オプションで用意されるいずれの対物鏡を用いた場合も、空間分解能は光の回折のみに依存します。OPUS ソフトウェアのもつ豊富なイメージデータ処理機能も魅力の一つです。

Pixel resolution in the HYPERION 3000 in transmission and reflectance:

ObjectivePixel in resolution
15x2.7 µm
20x2.0 µm
36x1.1 µm

 

 

HYPERION は、豊富な解析機能と高い操作性が特徴のOPUS ソフトウェアにより制御されます。スペクトル測定から各種データ解析や評価、レポート作成まで、OPUS ひとつで処理することが可能なオールインワンソフトウェアです。ソフトウェアのユーザーインターフェースをカスタマイズすることも可能で、ルーチン分析から高度な研究開発まで、用途に合わせて最適なオペレーション環境を作ることができます。

分析により得られるスペクトルデータ、試料画像、赤外イメージ、PCA やRGB 処理によるイメージとプロット、テキスト情報など、すべての結果を一つのデータファイルに統合させることができますので、データ処理をスムースかつ確実に行うことが可能です。

hyperion3000-n

HYPERION 3000はTENSOR II またはVERTEXシリーズFT-IRと組み合わせることが可能です。

HYPERIONのお問合せはこちら

関連情報