INVENIO R
INVENIO Touch PMA50

分光学的基盤に優れていることが、信頼性が高く興味深い結果が得られるための必須条件です。INVENIO は、エントリーレベルから高度な分析および研究開発アプリケーションまでをカバーするブルカーの R&D用FT-IR 分光計です。

  • 遠/中/近赤外から紫外/可視領域までの全スペクトル範囲をカバー
  • ラピッドスキャンにより1秒間に70を超えるスペクトルを取得(@16 cm-1
  • ナノ秒範囲までの時間分解測定にはステップスキャンを適用
  • 新しい光路設計による高いシグナルノイズ比
  • 最大 7 台の内部検出器を制御
  • 最大 2 個の入力ポートと 3 個の出力ポート
  • 試料に適合する幅広いアクセサリ
  • 高度な測定設定に対応する多種多様な外部モジュール
  • スペクトル品位をさらに向上する高精度のエレクトロニクス

発見、開発、パイオニア

INVENIO は研究開発を目的とするアプリケーションにも適応しています。MultiTect™、Bruker FM、ラピッドスキャン、ステップスキャン、インターリーブ TRS、Transit™ チャンネルなどの機能は、条件の厳しいさまざまな研究をサポートします。

ユニーク&エキサイティング: MultiTect™.

INVENIO は、最大 5 台の室温型検出器や熱安定化検出器を搭載できる独自のMultiTectテクノロジーが特長です。ハードウェアを手作業で交換することなく、80 ~ 6000 cm-1 または 4000 ~ 28000 cm-1 の全波数範囲のスペクトルを取得することができます。オプションの DigiTect™ スロット(液体窒素 冷却型検出器)とTransit™ 検出器を合わせると、最大 7 台の内蔵検出器を利用できます。

Bruker FM: 光学部品を替えずに1ショットで

Bruker FM テクノロジーは、一度の測定で中赤外から遠赤外領域まで(80 ~ 6000 cm-1 )のスペクトルデータを取得します。光学部品の面倒な交換やスペクトルのマージ処理などは一切不要です。

時間分解測定メソッド

ステップスキャン、ラピッドスキャン、及び、ブルカー独自のインターリーブ TRS は、高速なプロセスを解析するためのキーとなります。ラピッドスキャンを使用して、溶液中の化学反応などの詳細情報を取得する、または、ステップスキャンを使用して、再現性のある実験をナノ秒レベルで評価するなど、さまざまな研究目的の解決に役立ちます。

INVENIO Touch Integration Sphere accessories model operation BG

比類ないシステムインテリジェンスと無数の拡張機能

電子コード化されたウィンドウ、内部アテネータホイール、エミッションバイパス、8 個のバリデーションホイール、オプションのタッチ操作などのスマートな機能をワークフローとして活用できます。赤外顕微鏡、ラマン、または PL モジュール、TGA カップリング、拡張外部試料室など、どの拡張機能を使用しても INVENIO の価値をさらに高めることができます。

VCD: キラル特性の研究へ

PMA50 モジュールを使用することで INVENIO は振動円二色性測定(VCD)専用の偏光モジュールを提供します。VCD は、溶液中の分子のキラル特性を測定するための独自のメソッドです。さらに、PMA50 モジュールは、単分子膜の高感度 PM-IRRAS 測定にも利用することができます。