PMA 50

偏光変調測定向け

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:] The external accessory PMA 50 has been specially developed for Polarization Modulation measurements. It can be adapted to Bruker INVENIO and VERTEX FTIR spectrometers. All optic and electronic components in the PMA 50 module are optimized for the Polarization Modulation. Both linear dichroitic measurement techniques like PM-IRRAS and circular dichroitic experiments like VCD spectroscopy can be realized using this dedicated system.

偏光変調技術の中核を形成するのが、公称の変調周波数が42 kHzである光弾性変調器です。並行24ビットデュアルチャネルデータ取得技術のお陰で、和と差の信号を最高度の感度で同時に収集することができます。PMA 50モジュールは短いビーム路程を示すため、最適なSN比と安定性をもたらします。

光学フィルター、および自動化ソフトウェアによる制御が可能な内部開口がINVENIOおよびVERTEXスペクトロメータに組み込まれていることで、望まれるスペクトル範囲と試料の大きさに応じて信号の質をさらに最適化することができます。偏光変調の用途で最高の性能を達成するために、レンズによって偏光が検出器素子に集中して向けられます。ただし、偏光の後に非変更光学コンポーネントのみが使用されることを条件とします。 

 

 

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:] Contact our sales team today to learn more about the PMA 50!

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:] Request more information