HTS_XT-Kopie.jpg

赤外分光を行うメリットとして、各赤外スペクトルから分子情報を得られることが挙げられます。他のハイスループット分析では特定のパラメーターを専用のマーカーシステムで測定する必要がありますが、赤外マイクロプレート分析では、対象物質全体の構造・分子情報を得ることが可能です。

このため、FT-IR 分析においてたった1 回の測定で複数のパラメーターを評価することができます。

その他アプリケーション

  • 微生物判定
  • 汚染ルートの判別
  • 細胞評価 (生産者/非生産者)
  • 土壌分析
  • ダイヤモンド鑑定・種類評価