HTS_XT-Kopie.jpg

HTS-XT はOPUS/LAB ソフトウェアにより制御されるので、大量の試料の測定と評価を自動で行うことができます。複数の複雑な試料を定量分析する際には、PLS (Partial Least Squares)  のような多変量解析が用いられます。一方で、定性分析を行う際は、スペクトルの相関関係、PCA (Principal Component Analysis) 、ANN (Artifical Neural Networks) のような様々なアルゴリズムが用いられます。パラメーターの測定結果は一つのログファイルに保蔵ンされるので、試料のデータを外部プログラムやLIMS (Laboratory Information Management Systems ) へ簡単に転送できます。