FT-NIR

近赤外分光法は、製薬、食品、農業、化学をはじめとするすべての産業において、品質管理アプリケーションとして定着しています。

近赤外分光法(FT-NIR)は、時間と手間を要する湿式化学分析法やクロマトグラフ法に代わる実用的な分析法です。近赤外分光法は非破壊であり、試料の調製や取り扱いが面倒な化学薬品を必要とせず、迅速かつ信頼性の高い、定性的・定量的な分析を可能にします。

近赤外分光法は各種原材料の迅速な識別分析に最適なツールであることはもちろん、さらに複数の成分の高精度同時定量分析を可能にする強力な手法です。

 

光ファイバープローブテクノロジーに基づくオンライン機能により、プロセスの状態を詳細に調べることができます。

ブルカーの近赤外分光計には、研究室およびアトラインアプリケーション向けの TANGOMPAMATRIX-I、プロセス制御用途に最適化された MATRIX-F、さらにタブレット試料のオンラインテスト向けの TANDEM などがあります。

関連情報