MATRIX_F-Kopie.jpg

MATRIX-F は、従来の光ファイバープローブやフローセルだけでなく、非接触測定ヘッドを装着して使用することが可能です。

MATRIX-F には、個々のお客様のニーズに応じた次のモデルが用意されています。

MATRIX_F.jpg

MATRIX-F: フローセルや従来のプローブヘッドを装備した光ファイバーの接続が可能な、ベーシックモデル。固体および液体に最適。

MATRIX-F_emission_200x150.jpg

MATRIX-F emission: 非接触測定用ヘッドとの接続に最適化された、MATRIX-Fの非接触測定専用バージョン。

MATRIX-F_DUPLEX_450x350.jpg

MATRIX-F duplex: 従来の光ファイバープローブと非接触測定用プローブを同時に使用できる、MATRIX-Fの拡張バージョン。

最先端技術

MATRIX-F は、過酷な環境にも耐える、プロセス用近赤外分光計です。

コンパクトなボディに最先端の光学系を装備し、卓越した感度と安定性を常に発揮します。その革新的な設計により、高精度な分析結果、ダウンタイムの短縮、分析メソッドのダイレクト移設を実現しています。また、他の装置では対応できない新たな用途にも対応できます。業界標準の通信プロトコルを完全にサポートしているので、統合も簡単です。

MATRIX-F を、まず分析メソッドの開発のために試験室に設置し、その後、プロセス用途に移動させることもできます。また、NEMA 4/IP66 防沫筐体を使用する独立型として、あるいは温度調節付きキャビネット内の標準19 インチラックに取り付けて使用することも可能です。さらに、MATRIX-F に6 ポート光ファイバーマルチプレクサーを装備することもできます。

MATRIX-F 防爆バージョン

MATRIX-F は、以下の規格に準拠した、ATEX 認定の防爆バージョンも用意されています。

  • II 2G Ex px II T6 Gb
  • II (1) G [Ex op is T4 Ga] II C

メンテナンス

MATRIX-F は、信頼性が高く、簡単にメンテナンスできるように設計されています。消耗品の交換もユーザーご自身で可能で、すべてアライメント済みのマウントに取り付けられているため、交換後の再調整は不要です。すべての作業は短時間で行えるため、製造プロセスの混乱やダウンタイムを最小限にとどめることが可能です。

システムバリデーション

MATRIX-F は、システムバリデーション試験に用いられる標準物質や光学フィルターを装備した、自動フィルターホイールを内蔵しています。OVP、OPUS バリデーションプログラムは、一連の性能試験を実行した後に装置の性能を評価し、装置が仕様の範囲内で動作することを保証します。これは、医薬品産業における分析業務に使用するための必要条件の一つになっています。

接続性

CMET ソフトウェアは、4-20 mA、Modbus、Profibus DP、OPC など標準通信インターフェースとプロトコルに対応し、OPUS を任意のプロセス制御環境に統合できる業界標準インターフェース(OPC) に対応しています。

 

使用されているテクノロジーは、次の特許のうち1件または複数により保護されています。US 7034944、US 5923422