SENTERRA II head

優れた操作性と高い分光性能

リサーチグレードの分光性能

SENTERRA II は、空間分解能を犠牲にすることなく、卓越した検出感度と高波数分解能を実現しています。

マッピングやイメージング測定では、分解能4 cm-1 のラマンスペクトルを1 スキャンで取得します。同位体分離や結晶多形の分析など、さらに要求の厳しい分析では、簡単なマウス操作で波数分解能の設定を 1.5cm-1 に切り替えることが可能です。

直感的で安全・確実な操作

ハードウェアとソフトウェアが完全にリンクされたSENTERRA II は、ルーチン分析ユーザーから独自の操作を求める上級ユーザーまで、すべての方に満足いただけるシステムです。
主要なコンポーネントの切替は、すべてソフトウェアから自動に制御されます。

卓越した波数の正確さと安定性

ラマンスペクトルの測定において高い精度と再現性を得るには、波数を正確に構成することが重要です。ブルカー独自のSureCALTM テクノロジーにより、 SENTERRA II は常に正確な波数を維持します。校正は自動で行われるため、ユーザーは特別な操作を必要としません。

優れた信頼性

SENTERRA II は、常に信頼性の高い測定結果を提供できるよう設計されています。全自動化された装置性能試験機能により、貴重な時間を無駄にすることなく、装置性能を検証することが可能です。波数の自動構成機能とあわせ、高精度かつ安定したラマンスペクトルが恒常的に得られます。

進化したラマンイメージング

SENTERRA II は共焦点ラマンイメージングならびにマッピング測定においても、面倒なパラメータ測定は一切不要で、シンプルな操作で使用が可能です。高精度電動試料ステージと効率的なデータサンプリング機能の組み合わせにより、サブミクロンオーダーの高い空間分解能をもつ高精度ラマンスペクトルイメージを短時間で記録します。

SENTERRA II Wizard Parmeters live spectrum 1

蛍光対策

ラマン測定では、試料が発する蛍光が分析の妨げとなることがしばしば起こります。しかし、蛍光の発生は適切な励起波長を用いることで最小限に抑えることが可能です。

SENTERRA II は、FTラマン顕微鏡との組み合わせにより励起波長の選択肢が近赤外 (1064nm) まで広がり、ラマン測定の妨害となる傾向の抑制・緩和が可能となります。

関連情報