Open_Path_System_OPS.jpg

OPS

ガスモニタリング用オープンパスFT-IR

フーリエ変換赤外スペクトロスコピー(FT-IR) の手法をベースにしたシステムです。赤外線は干渉計によって変調された後、通常は数百メートル離れた位置にある逆反射体アレイに、望遠鏡を使用して伝送されます。反射された赤外線は同じ望遠鏡で受信され、検出器に焦点を結びます。

スペクトル範囲が広いため、広範囲にわたる化合物の同定と定量が可能です。このシステムの重要な用途は、工場用地、工事現場、または自治体用地の空気モニタリングです。さらに、大気中の気体の高精度な定量も可能です。

OPS の特長:

  •   堅牢、高信頼設計
  •   業界で実績のある RockSolidTM 干渉計がベース
  •   軽量でポータブルな設計
  •   設定と分解が容易
  •   お客様のニーズを満たす汎用性の高いハードウェア
  •   リアルタイムに複数の成分を分析
  •   内部光源
  •   液体窒素不要

OPS に関するお問合せはこちら