Micobacteria blauer hintergrund lang

抗酸菌の同定は難しくありません

マイコバクテリウム属には、結核菌(Mycobacterium tuberculosis)コンプレックス(MTC)と非結核性抗酸菌(NTM)の重要な病原体が含まれます。 後者のグループは、免疫不全患者における日和見感染症の原因となるケースが増えており、この傾向と薬剤耐性菌の増加から、抗酸菌種の識別を向上させることが求められています。

 

抗酸菌同定への挑戦

抗酸菌同定のための従来法は数週間かかることがあり、さらに正確性が劣ることもしばしばあります。商業的に入手可能な核酸ハイブリダイゼーションプローブは、ターンアラウンドタイムを有意に改善しましたが、特異性を欠く可能性があります。 16S rDNAのような標的遺伝子の配列決定は非常に迅速かつ高精度ではありますが、高価でありどの施設でも利用できるとは限りません。 微生物同定ためのBrukerのMALDI バイオタイパー IVD MALDI-TOF質量分析システムは、短いターンアラウンドタイム、高い特異性、使いやすさ、およびテスト当たりの大幅なコスト削減を提供し、抗酸菌同定の課題を克服します。

これまでにない最高の抗酸菌同定

MALDI BiotyperのMycobacteria Suiteは、高い信頼性と迅速な抗酸菌同定のための包括的なソリューションです。 専用のスペクトルライブラリとソフトウェアモジュールで構成されています。 MBT抗酸菌ライブラリは、現在知られている180の抗酸菌種のうち164種のスペクトルを含んでいます。

抗酸菌種の自然変異は780株によってカバーされ、そのうち470株以上は臨床分離株です。 最適化されたデータの取得と分析を行うMBT マイコバクテリアソフトウェアモジュールは、高い感度と特異性で抗酸菌の同定を確実にします

MycoEX – 最適化された安全なプロトコル

結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は少ない菌量で感染する可能性があり、抗酸菌を扱う研究所は実験室での感染を防ぐための防護措置を講じる必要があります。 Brukerは、感染リスクを最小限に抑えるために、固体培地および液体培養のための簡単で安全なMycoEX抽出プロトコールを開発しました

Mass Spectra of Mycobacterium 500px

Löwenstein-Jensen 培地(上)とMGIT™チューブ(下)で培養し、MycoEXプロトコルで処理したMycobacterium peregrinum DSM 43271Tのマススペクトル。