TimsTOFPro keyvisual version5

timsTOF Pro - The new standard for shotgun proteomics

Powered by PASEF

質量分析(MS)ベースのプロテオミクスは数千ものタンパク質の同定・定量のための強力なテクノロジーです。しかし、完全なプロテオームの適用範囲は、現在の質量分析計の速度、感度、分解能が限られているため、依然として非常に困難です。

timsTOF Proは、PASEF(Parallel Accumulation Serial Fragmentation) 取得メソッドを使用して、サンプル量の少ないショットガンプロテオミクスやリン酸化プロテオミクスの新しい深度に到達するための非常に高速でかつ感度を提供します。

Timstof pro 200px

ほぼ100%のデューティーサイクルをショットガンプロテオミクスで達成

デュアルTIMS技術により、高感度、高速ショットガンプロテオミクスのほぼ100%デューティサイクルを実現しました。新しい設計では、イオンが前部に蓄積されるのを可能にし、後部のイオンはイオン移動度に応じて同時に放出されます。このプロセスは、パラレル・アキュムレーション・シリアル・フラグメンテーションまたはPASEFと呼ばれます。

さらなるディープ・プロテオミクスへ – PASEF

PASEFを搭載したtimsTOF Proは、四重極分離質量ウィンドウをTIMSファネルからの特定のペプチドパッケージの溶出時間と同期させることにより、感度を失うことなく、> 100 Hzのシーケンス速度を提供します。

MaxQuant/Perseus と PEAKS Studioでデータプロセッシングが可能に

オープンファイルデータフォーマットにより、研究者は生データを直接操作して、業界をリードするソフトウェアを使用することができます。 MaxQuantは、ペプチド、タンパク質、翻訳後修飾の同定と定量化に役立つ保持時間、イオン移動度、質量、シグナル強度にまたがる領域で4D機能を管理するように適応されています。 PEAKS Studioは、デノボシーケンシングと従来のデータベースベースの検索を組み合わせ、生のデータを処理するために最適化されています。

Matthias Mann 70px

"We now know that the peptide mixtures are still extremely complex when analyzing them in two dimensions (retention time and m/z). Adding one more dimension should in principle get us a long way ahead. In addition to the additional dimension of separation, the timsTOF Pro gives us extremely high speed and sensitivity to get deeper into the proteome and using less sample material.”

Prof. Dr. Matthias Mann, Director Department of Proteomics and Signal Transduction,
Max-Planck-Institute of Biochemistry, Germany