TimsTOFPro keyvisual version5

timsTOF Pro - PASEFテクノロジーを搭載した唯一の質量分析計

卓越したハードウェアパフォーマンス

第二世代デュアルTIMSアナライザーは、ショットガンプロテオミクスのニーズに最適化されています。 TIMSアナライザーの第2の部分からの移動度に応じてイオンが放出されるユニークな構造のため、TIMSアナライザーの第1の部分ではさらなるイオンが並行して蓄積されます。並列蓄積技術により、100%までのデューティサイクルが達成され、イオン損失は生じません。

timsTOF Proでは高度なセグメント化された四重極マスフィルターが高いイオン透過と分離効率のために使用されています。四重極質量位置は、TIMSアナライザーからの特定のイオンの溶出時間と同期する。マスポジション切換時間(<1 ms)が非常に高いため、PASEF方式で最高の性能を発揮します。

Optimized for shotgun proteomics version2
timsTOF Proの回路図

TIMS

トラップド・イオンモビリティースペクトロメトリー(TIMS)は、HPLCと質量分析に加えて分離モードを追加してサンプルの複雑さを解決し、化合物の特性評価におけるピーク容量と信頼性を向上させる、気相における分離技術の第一歩です。

PASEF

スピードを念頭に置いて、Brukerのエキスパートはショットガンプロテオミクスの要求を満たすためにMS / MS技術を再設計しました。ペプチドイオンは、トラップされたイオンモビリティーを用いて分離、透過(約100ms)、そしてQTOFで検出され、TIMS MSヒートマップ(A)が生成される。 PASEF法(B)では、同じTIMS分離が四重極と共に連動され、その四重極では、溶離中に特定のイオン種をアイソレーションし、次の前駆体に直ちに移行される。プリカーサーおよびフラグメントスペクトルは、移動度値によって整列されます。 PASEF(パラレル・アキュムレーション・シリアル・フラグメンテーション)テクノロジ> 100 Hzのシーケンシング速度で達成できます。 PASEF法を用いて、低濃度レベルのペプチドのMS / MSスペクトルのクオリティーを数回選択することによって増加させることができます。

PASEF取得のための原理

Time focusing
PASEF取得モードの原理

PASEF サイクルタイム

Powered by PASEF
PASEF(パラレル・アキュムレーション・シリアル・フラグメンテーション)サイクルタイム:四重極とTIMS溶出時間を同期させることにより、平均12個の前駆物質を100 msタイムスケール内で断片化することができます。インテリジェントなソフトウェアは、PASEF MS / MSフラグメンテーションのために低濃度レベルのプリカーサーイオンを複数回標的とします。

その他のアプリケーション

 

 

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.