Timstof 530x245

timsTOFTM - 次世代のイオンモビリティ質量分析

Bruker 05 2016 e4a8627 1
  • 分析対象物には構造異性体のような、特徴はありますか?
  • 重複しているフラグメントイオンスペクトルは解析に大きな障壁になっていませんか?
  • ラボでの日常課題に対して柔軟に対応できる質量分析計をお使いですか?


イオンモビリティは、イオンの3次元構造に関する情報を届け、ピーク容量を増加し、化合物の特性評価の信頼度を高める、質量分析の強力な追加機能です

timsTOFはブルカーが開発したイオンモビリティ質量分析が可能な研究へのオープンプラットフォームで、様々な研究分野に応用可能です


研究者の探究心と経験を協力にサポートします

Flexibility - 目的に応じた自由な方法でサンプルを分析

サンプルの分離を、クロマトグラフィー及び飛行時間法を超えて、トラップド・イオンモビリティー技術によって増補します。TIMSの独自の原理によって、高分解能が達成され、時間や感度を代償にする事はありません。imeX技術の搭載により、timsTOFのイオンモビリティ分離能を、データ取り込み中に調整でき、対象化合物を詳細に調べる事が出来ます。timsTOFで取得したデータファイルは、オープンソース(*.tdf) 形式を採用し、データを最大限に活用可能な独自のソフトウエアツールを設計し分析を実行する事が出来ます。

 

 

必要な時に柔軟なサンプル分析
Resolution – 優れた分離による、より多くの洞察

Resolution – 優れた分離による、より多くの洞察

timsTOFは、最適なパフォーマンスを得るための超高解像度のQTOF技術と高いイオン移動度の分離能を兼ね備えています。imeXTM技術は、さらに、イオン移動度の分離度を調整可能なパラメータを行うことで、機能性を高める事が出来ます。

サーベイモードでサンプルの概要を把握した後にimeXモードを選択し、特定のモビリティー範囲を拡大します。標的のピークセットに重点を置き、衝突断面積の精密分析や重なり合っているイオンの詳細を分析します。

Confidence – 既知の物質の確証

化合物の確証は高精度質量による他のディメンションからの物理的因子に基づいています
timsTOFでは、正確な質量測定(low ppm)はブルカー独自の同位体パターンを示す分析性能(真の同位体パターンまたはTIPTM)と正確な衝突断面決意(<0.5%RSD)で補完されています。

四重極での単離や物質断片生成前に位置する、装置構造とイオン分離機能は、物質帰属の確実性を高める明確な断片化スペクトルを生成します。

Confidence – 既知の物質の確証