proteineer fc II lc-maldi fraction collector

PROTEINEER fc II はLC で分離したペプチドを分取し、引き続きMALDI 分析に供するための調製装置です。

このシステムでは、Nano-またはCapillary-CL システムからサンプルを回収し、それをオフラインのMSおよびMS/MS分析のためのPACTMPrespotted AnchorChip ターゲット、MALDI AnchorChip™ ターゲットまたはウェルプレート上にスポットします。マトリックスはシースフローを介してMALDI ターゲットに添加する前に直接LC フローに混入することができます。

 

このシステムには、MALDI Anchor ターゲットまたはウェルプレート用にMTP フォーマットで4つ分のポジションがあります。それぞれのポジションには、自動ターゲット認識のためのトランスポンダアンテナが備えられています。別のポジションにはマトリックスや洗浄溶液を入れたりプローブクリーニングや脱溶離液用のリンスステーションとして使用することができます。

プロテオミクスプロジェクトなどにおいてゲルデータ、マススペクトル、プロセスパラメータ、検索結果といった関連するデータを全てオーガナイズできるソフトウェアとしてProteinScape™ があります。それは、2D-LC-MS/MS、LC-ESI、 LC-MALDI、ゲルベースのプロテオミクスとLCベースのプロテオミクス両方のワークフローのみならず、安定同位体ラベル(SILE)やラベルフリーなどの定量プロテオミクスも含めてサポートしています。