SpotOn Webbanner

LC-MALDIサンプル調製におけるデータの効率化とストレスの軽減

LC分離とMALDI-TOF分析の間のギャップは、ターゲット調製と分取分画のためにspotOnシステムで確実に橋渡しされています。 バイアルからターゲット・スポットへのガイド付き制御、直観的なワークフロー、分離と調製の両方の完全な可視性により、潜在的に複雑なボトムアップおよびトップダウンの生物学的分析が確実に実行されます。

正確で簡単なLCサンプルスポッティング

工業的に製造されたバイオ医薬品を含む複雑な生物学的サンプルは、非常に幅広いダイナミックレンジの成分を含むため、徹底的なクロマトグラフ分離を必要とすることがあります。 治療的な機能に重要な構造の特徴は、タンパク質全体のごくわずかな部分であり、微量の不純物でさえ生産計画の中で緊急の対応を必要とする可能性があります。当社のspotOnシステムのハードウェアおよびソフトウェアは、これらの分析ワークフローをサポート、加速、および改善し、時間と費用を節約し、これらの貴重な生物製剤についてより包括的な洞察を可能にするように設計されています。

ベンチトップ上に簡単に設置できるspotOnは、LC-MALDIワークフローのターゲット調製をより迅速かつ簡便に行い、すべてのサンプル分画で最適なMALDIマトリックス結晶化を促進し、データ品質を向上させ、データ収集を高速化します。メソッドと詳細なクエリおよびMALDIターゲットやマトリックス溶液を含むすべてのspotOnの必需品は事前に準備され、オペレータの経験に関係なく、実験誤差を低減し、一連の工程が高い再現性を促進します。

Spoton table

Bruker spotOnシステムは、ナノまたはキャピラリーLCシステムに簡単に接続し、再利用可能な384または1536スポットのMALDIターゲットに分取します。 分取の制御は分取時間(容量)または分画スポット数で設定することがきます。さらに、サンプル調製時には近接したキャリブレーションも含まれ質量精度が向上します。MALDIマトリックスは、分取と同時に、または制御された乾燥時間後に適用することができ、その結果、均一なターゲットスポットがMALDI分析のために準備されます。nanoElute LCシステムを使用する場合でも、他のベンダーの機器を使用する場合でも、分析LCを使用する画分は、その後の分析のためにウェルプレートに簡単に収集することができます。

安心設計のターゲット調製

改良された再現性とデータ品質のために、spotOnシステムは、シールとセプタムを穿孔するための外側針と、外側ニードルの内側を移動して試料を分配するスポッティングニードルとを有する、2重独立の同心円ニードル(DICNTM)で構成されています。 外側ニードル内で保護され、スポッティングニードルは、容積および不活性のために最適化することができます。 ニードルペアは、スポットオンのPowerWashTMシステムを介して空気圧と溶媒の流れを組み合わせて、内部と外部を完全に洗浄し、キャリーオーバーを防止します。

 

 

LC分離中に敏感なサンプルを酸化から守るために、当社のMTP AnchorChip 384 BCまたはMTP BigAnchor 384 BC MALDIターゲットを使用する場合は、オプションの不活性窒素ガスマスクを使用することができます。 内蔵のバーコードリーダにより、自動的に窒素マスクとMALDIターゲットタイプが正しく検出されます。

HystarソフトウェアによるLC分離スキームへの完全な統合と可視性

Brukerの包括的なCompass HyStar 5.0ソフトウェアは、オートサンプラー、ポンプ、カラム、グラジエント、UV検出器などのLCコンポーネントの制御に使用されます。 spotOnのプラグインは、オペレータがサンプルエディターウィザードを順番に実行し、関連するスポットタスクを設定します。 作動中、リアルタイムのオンライン情報により、ユーザーはサンプル分離とMALDIターゲットの準備のすべてを簡単に監視することができます。

Spoton wizard

ターゲットの調製に続いて、すべてのサンプルおよびLC分離の詳細が、rapiflex、ultrafleXtreme、またはautoflexシリーズのMALDI装置に転送されます。 BioPharma Compassソフトウェアプラットフォームを使用すれば、データ収集を簡単に自動化でき、バイオ医薬品の特性解析を目的とする分析を迅速かつ確実に行うことができます。

トップダウンワークフローは、抗体サブユニットの配列確認を最大100%提供することができ、トランケーションなどの配列異常およびアミノ酸置換を数分で明らかにします。

LC MALDIベースのワークフローは、(分離された)サンプルアーカイブの作成において独自の分析上の利点も提供します。 最初の自動データ収集の結果を評価した後、2次以上のMSおよびMS / MS分析について特定のターゲットスポットを再検査することができます。

高価値バイオ医薬品のワークフローをサポートするための利便性と自信

spotOnシステムは、LC分離とデータ収集のギャップを埋めるため、クロマトグラフィーと飛行時間分離の組み合わせはさらに強力です。 今日の分析のための効率的で効果的なBrukerのソリューションは、バイオ医薬品のMALDIベースの特性評価において、スピード、精度、詳細を考慮しています。

 Learn more about applications

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.