Solarix website header version3

scimaX MRMS – 科学を最大限に

scimaXは自信を持って同定を可能にします。

sub-ppm質量精度およびIsotopic Fine Structure(IFS)により、既知および未知の物質に対する信頼性の高い分子式の帰属が可能になる。

Powered by MRMS Technology, scimaX

  • 優れた極限分解能と質量精度を提供
  • 広範な質量範囲でIsotopic Fine Structure(IFS)解析が可能
  • 化合物同定に比類のない信頼をもたらします

 

 

Broadband IFSpng
ブロードバンドIsotopic Fine Structure(クリックして拡大)

scimaXは設置・メインテナンスが容易です。

scimaXは最新の7T伝導冷却マグネットテクノロジーを備えたMRMS検出器を内蔵しています。 これにより、scimaXフットプリントは大幅に縮小され、標準的なラボに設置できます。これらのマグネットには、液体ヘリウムの充填およびクエンチラインは必要はありません。

scimaXは統合された多目的な装置です

ESIおよびMALDIソース、ならびにいくつかのイオン活性化技術(CID,(n)ETD,(n)ECD)が含まれる。 ESIソースインターフェイスは、さまざまなオプションのAPIソース(APPI、APCI、GC-APCI)と互換性があります。

Tabelle scimaX
scimaX主な概要

諦めていた領域に手が届く、それがscimaXです。

…MALDIイメージング、メタボロミクス、石油化学などのように様々なアプリケーションに対応しています。

日中にESI実験を行い、帰宅時にMALDIイメージングデータを取得することで、24時間体制で生産性を飛躍的に向上させます。 優れた科学的な洞察力と画期的な進歩を求めているプロジェクトはscimaXにお任せください。

詳細情報