Solarix website header version3

scimaX -生産性向上のための最新のMRMSテクノロジー

技術革新から生産性を鍛えるBrukerの伝統を継続しているscimaXには、革新的なコアテクノロジーがいくつも含まれています。

 

 

Solarix inside 500px

特許取得済みParaCell 2xR検出器

scimaXにはParaCell 2xRとAMP検出技術が標準装備されています。

Paracellは、従来のMRMSセルストラテジーからの出発点であり、広範なイオン安定性を提供し、他の検出スキームよりも分解能のオーダーが大きくなります。 ParaCellと吸収モード処理アルゴリズムの組み合わせは、Isotopic Fine Structure(IFS)情報への日常的なアクセスのための前提条件です。

Brukers 2xR MRMS機器は、マグネトロン制御技術と最新の高感度、低ノイズMRMSプリアンプを使用しており、分解能を犠牲にすることなく実験スピードと計器生産性を向上させる科学者の長年のビジョンを実現しています。

7T伝導冷却マグネットテクノロジー

ブルカーの革新的な7T超伝導マグネットテクノロジーは、より小型のフットプリントscimaX MRMSシステムの基礎です。 革新的な「伝導冷却」テクノロジーを採用し液体冷却剤の充填、クエンチダクトの設置が必要ありません。

scimaXは、標準的な実験室スペースで操作することができ、より広範な科学分野がMRMSテクノロジーのパワーにアクセスできるようになります。

ユニークなESI / MALDIデュアルソース

Bruker MRMS装置のみが、ユニークなESI / MALDIデュアルソースの操作を可能にします。 このソースはscimaXに搭載されており、エレクトロスプレーイオン化(ESI)ソースを経て導入された液体サンプル、またはMALDIサンプルのどちらかを使用することができます。 この非常に敏感なMALDIソースは、Bruker社のSmartBeam-II™レーザーテクノロジーを使用し、様々なサンプル調製技術を用いて様々なアプリケーションに、いくつかの小さな焦点直径を提供します。 MALDIとESIの間の切り替えは、ソフトウェアの押しボタンによって制御され、ESI / MALDIの同時操作も可能です。

デュアルソース scimaX
scimaXはBrukerのESI/MALDIデュアルソースを使用しています

イオン活性化技術

scimaXには、ECD、ETD、CID、EDD、SORI-CID、MALDI-ISD、およびNETD機能を含むさまざまなイオン活性化技術が含まれています。

Learn more about Application

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.