Solarix website header version2 960px

solariX:革新からの生産性の鍛錬

BrukerのsolariX XRとsolariX 2xRは、技術革新の伝統の結果です。 これらの装置のコア技術には、ParaCell検出器、Absorptionモードプロセッシング、マグネトロン制御技術があります。 比類のない質量精度と共に、これは広い質量範囲に対してルーチンのIsotopic Fine Structure(IFS)分析を可能にします。 solariXシリーズで使用できる幅広いソース技術により、これらのテクニックを幅広いサンプルに適用して、柔軟な実験やワークフロー設計を行うことができます。

特許取得済ParaCell検出器

ParaCellは、solariX XRと2xRの実現技術です。 この検出器の概念は、従来のMRMSセルストラテジーからの出発点であり、広範なイオン安定性を提供し、他の検出方式よりも分解能のオーダーが大きくなります。 ParaCellとAbsorptionモード処理アルゴリズムの組み合わせは、Isotopic Fine Structure(IFS)情報へのルーチンアクセスのための前提条件です。

2xR技術は科学的ビジョンを実現し、生産性を向上

Brukers 2xR solariX装置は、magnetron制御技術と新開発の高感度低ノイズプリアンプを使用し、ハーモニクス検出方式を利用して分析速度と装置の生産性を向上させる、長年のビジョンを実現しています。

OPD 400px

オプショナルESI/MALDIデュアルソース

solariXシリーズの装置は、ユニークなESI / MALDIデュアルソースの操作を可能にします。 このオプションのイオン源は、エレクトロスプレーイオン化(ESI)から導入された液体試料またはMALDIサンプルを測定することが出来ます。 この高感度なMALDIソースは、Brukers SmartBeam-II™レーザー技術を使用し、異なるサンプル調製技術を用いて様々なアプリケーションにいくつかの小さな焦点直径を提供します。 MALDIとESIの間の高速切り替えは、ソフトウェアの押しボタンによって制御され、ESI / MALDIの同時操作も可能です。

Learn more about Applications

For Research Use Only. Not for Use in Clinical Diagnostic Procedures.