PesticideScreener banner 527x245px

Brukers PesticideScreener 2.1

高分解能質量分析による包括的農薬分析

作物の被害を減らし収穫量を増やすために、農薬は何十年にもわたって世界中で広く使われてきました。しかし農薬は人体にとって毒物であるため、ひとたび食料や飲料水への混入が起これば、多くの人々の健康に重大な影響を与えてしまうと考えられます。そのため、食料や飼料、飲料水に残留する農薬の最大残留レベルは各地の行政機関や国際機関によって厳密に規定され運用されています。残留農薬による健康被害を防止する最も効果的な方法は、環境中の農薬のレベルをモニターする事です。しかし、様々な種類のサンプルから、ますます厳しくなる検出限界への要求を満たしながら数百にも上る農薬を分析することは容易なことではありません。正確で信頼性の高い農薬のスクリーニングと定量分析は、複雑な分析タスクとなっています。



ブルカーのPesticideScreenerは、このような困難な課題を克服すべく開発されたLC/MSによる強力なソリューションです。このソリューションは高分解能測定による精密質量を利用したもので、トレースレベルの数百におよぶ農薬の一斉スクリーニングと同定、定量をたった一度の短時間の分析で可能にしました

PesticideScreener complete workflow
関連情報