X-ray Micro CT, Software

数値解析ソフトウェアとサーフェスレンダリングによる視覚化ソフトウェア

CTAN:2D/3D画像解析ソフトウェア

SKYSCANのソフトウェアであるCTANは、マイクロCTのデータセットを解析し、2Dおよび3Dの形態計測や密度測定を可能にします。直感的で包括的なデータセットの処理が行え、マイクロCTのスキャンと数値解析の最終目的である定量的データの生成を正確に行うことができます

ソフトウェアの特徴

  • TIFF、BMP、JPG形式のデータセットの読み込み、出力
  • 任意の立体角でデータセットの再サンプリング
  • 関心領域(ROI)、関心体積(VOI)を選択するアドバンスツール
  • 3次元空間における距離と角度の測定
  • 最大値投影画像(MIP)の生成
  • ハンスフィールドユニット(Hounsfield Unit:HU)、骨密度(Bone Mineral Density:BMD)、減弱係数を用いた密度の補正と測定
  • スムージング、ノイズ除去、モルフォロジー演算などの画像処理機能
  • 一般学名と骨形態計測パラメータ(米国骨代謝学会:ASBMR)名称の切り替え
  • スクリプトによる解析の自動化が可能
  • VOI内の、2Dおよび3Dにおける統合構造解析機能
  • ROI/VOI内の、2Dおよび3Dにおける全個別オブジェクト解析機能
  • 測定可能パラメータ(2Dおよび3D):

    • オブジェクト(空隙、粒子など)の体積や骨体積
    • オブジェクトの表面積や骨表面積
    • 構造物の厚みや骨梁幅
    • 構造物の間隔や骨梁間隔、骨梁数
    • 構造モデル指標(Structure Model Index:SMI)
    • フラグメント化指標または骨パターンファクター
    • オイラー数
    • MIL(Mean Intercept Length)による異方性評価、固有値、固有ベクトル、立体解析
    • フラクタル次元(Kolmogorov)
    • 慣性モーメント(x、y、極座標、積)、偏心
    • 皮質骨膜周囲長(皮質骨外周)
    • 皮質骨内膜周囲長(皮質骨内周)
    • 多孔率解析の詳細

  • micro-CT ソフトウェアダウンロード
  • 代表的な測定可能パラメータリスト(PDF)
  • 測定可能パラメータの詳細(PDF)
  • 自動バッチ解析機能
  • 実体ファントムおよび仮想ファントムで校正された測定値
  • STL(Stereolithography)を含むファイル形式で、各種レンダリングアルゴリズムによる3Dモデルの作製

CTVOL:サーフェスレンダリングによる写実的な3Dビジュアライゼーション

CTVOLはCTANからの三角ポリゴンモデルを使用し、柔軟で充実した機能を備えた仮想3Dビュー環境を提供します。豊富な3D表示オプションによって、マイクロCTの結果を表示することも可能です。

「CTVOL」の機能

  • 単一または複数オブジェクトの移動や回転
  • 背景画像、背景色の選択
  • 視野位置、視野角の選択
  • マウス操作または数値入力によるモデルの移動
  • オブジェクトの質感、色、明るさ、透過率の調整
  • 選択面に沿ったカッティングで内部構造を可視化
  • 任意の角度でデータセットの再サンプリング
  • カラーフィルター付きメガネによる立体像の作成
  • アニメーション動画の半自動作成
  • 非圧縮または圧縮動画(AVI形式)のエクスポート
  • 物理的形状を3DプリントするためのボリュームデータをSTL形式でエクスポート
Software, MicroCT
Software for analysis and realistic visualization