ROS Detection Herbal Medicine

電子常磁性共鳴(EPR)製品のご紹介

EPR は、非破壊の分析技術であり、常磁性体を直接検出することのできる唯一の方法です。固体、液体、気体、細胞、in- vivo のフリーラジカルや遷移金属イオンの同定や定量が可能です。 CW および Pulse EPR 技術 (ESEEM, ENDOR, DEER, Relaxation)によって、化学構造から分子間相互作用まで、詳細な構造情報が得られます。

EPR の様々なアプリケーション

細胞膜からナノ結晶ダイヤモンドまで、EPR のアプリケーションは非常に幅広く、化学, 材料研究, ライフサイエンス, 量子物理学, 品質管理などの多くの分野に浸透しています。

電気化学、レドックス化学、光化学、触媒反応の分野では、EPR は化学プロセスに関連する金属中心やラジカルの研究にも適用できます。材料科学では特に多くの分野に拡がっており、ポリマー合成、太陽電池の中のシリコンの純度試験、ナノ結晶ダイヤモンドの特性解析、ダイヤモンドの格付けなどのアプリケーションが含まれます。また産業界で EPR は、製品の安定性、不純物プロファイル、劣化、香りの安定性、品質やプロセス制御のために消費期限をモニターするなどに用いられています。

構造生物学の分野では、EPR は酵素、膜タンパク質、RNA や DNA の構造や機能、反応メカニズムの詳細な情報を示します。また生物医学の EPR のアプリケーションには、酸化ストレスや細胞障害を検出したり評価するための ROS やRNS などのフリーラジカルの検出が含まれます。

Bruker は、電子常磁性共鳴(EPR) 分光システムで50年以上の経験を持ち、世界をリードするサプライヤーです。Bruker の EPR アプリケーション科学者達は、全ての EPR の技術の専門家であり、 EPR が使用される分野で様々なアプリケーションの経験を持っています。Bruker の製品には、研究用の EPR 製品である ELEXSYS™, コンパクトモデルの EPR 製品として EMXplus™EMXmicro™, またデスクトップのルーチン向け製品の EMXnano™、そして品質管理向けの e-scan™microESR があります。