banner_EMXmicro.jpg

サイズを小さくして、性能を高める

Bruker は、タワー PC ほどのわずかな設置面積で、磁場と信号分解能で EPR 性能を高めた新たな小型連続波分光計 (CW-EPR) 、EMXmicroを提供します

EMXmicro は、新たなデジタル世代の CW-EPR 分光計です。これは、最高の分解能と精度を持つフィールド コントローラと信号プロセッサーを備えた高度に一体化されたデジタル分光計です。マイクロ分光計である EMXmicro は、タワー PC の設置面積でこれらの装置にオプションの温度コントローラを統合することで、ラボのスペースを解放します。

EMXmicro は、比類なき性能対設置面積比を示します。オプションの温度可変装置 (ER414VT) を含む分光計全体の電子機器は、タワー PC ほど小さな設置面積のタワーのようにコンソールで提供されます。設置面積が減る一方で、分光計の性能は磁場分解能と信号分解能の両方でかなり高くなりました。

関連情報