Concentration qNMR

qNMRによる濃度測定

お手元のサンプルには何か存在していますか?これまでにどの程度費やしましたか?API(医薬品有効成分)は入っていますか?まだインタクトですか?劣化していませんか?

全サンプルの絶対濃度測定にはNMRをご検討ください。構造の一致度チェックの結果もすぐに分かる定量用ソリューションが、ブルカーから新たに登場しました。このソリューションを使えば、個々のサンプルに対して、あるいはハイスループットで、ライブラリの品質管理や合成管理の実行、合成収率の判断などが行えます。

本質的に定量向きのNMRなら、メソッドの作成や反応係数の計算を求められることなく、固体と液体を迅速に、面倒な準備不要で定量できます。研究者らは何十年もNMRを定量目的に用いてきました(初出論文は1960年頃)。NMRは、食品や医薬品、診断薬の業界で広く受入れられている有効性が裏づけられたメソッドです。

マイナス面は、既存のqNMRワークフローがエキスパートの知識や熟練の分析担当者、詳細なプロトコル等に依存するという点です。

ブルカーのqNMRによる濃度測定ツールを使えば、サンプルの送信から報告までのワークフローが完全に自動化されるため、濃度測定プロセスの合理化につながります。本製品は、品質第一の製剤開発の環境で働くエキスパートにも新人にも理想的なソリューションです。

Quantification by MR