FoodScreener Banner3

統計分析

標的あり・標的なしマルチマーカー分析

Targeted and Non-Targeted Multi Marker Analysis
未知化合物のノンターゲット分析に照合モデルを使うことができます          

SGFプロファイリングでは、次のような対象物の絶対定量が組み込まれた、標準的な、標的のあるマルチマーカー分析が可能です。 :

  • 糖類(グルコース、フルクトース、スクロース)
  • 果実中の酸(クエン酸、リンゴ酸、イソクエン酸、キナ酸)
  • 傷みやすさの指標(エタノール、フマル酸、乳酸、HMF)
  • 工程管理の指標(ガラクツロン酸、フロリン)

また、何百という化合物の濃度の違いを同時に評価する方法を使った、標的のないマルチマーカー分析も可能です。標的のある標準的な分析ルーチンとは対称的に、本法は、不測の成分の存在を検知して、偽装を検出することができます。
 

スペクトルデータベース

主に真正ジュースから集められた何千というNMRスペクトルを含む広範なスペクトルデータベースに基づいてスクリーニングを行います。現在このデータベースには、世界の50カ所以上の製造所から集められた約40種類の異なるフルーツタイプが登録されています。また、このデータベースを使って、未知成分の詳細分析向けに何百もの低分子化合物データにアクセスできます。

押しボタン式ルーチン

SGFプロファイリングは、ユーザーの介入が不要な、完全に自動化されたルーチン解析です。試料のバーコード登録・調製・取り扱いからデータの取り込み、統計的評価まで、全てのステップがブルカーのラボ情報管理システムSampleTrack™で管理されます。

レポート

定量

SGFプロファイリングでは、ジュースの評価で重要な約30の成分を絶対定量します。その値を基準物質と比較して、逸脱があれば、糖の添加などの品質特性上の問題が示唆されることになります。

試料の分類

似た種類のフルーツ(例えば、オレンジ、ブラッドオレンジ、マンダリン)のさらなる識別に役立ちます。より特化したモデルを使って、フレッシュジュースと濃縮還元ジュースの識別や、原産地の判定が行えます。

検証

試料の分類後は、一変量または多変量解析によって、基準物質群からの予期せぬ逸脱等の詳細な情報を得ることができます。

回帰分析

トレーニングデータセットに基づいた回帰分析ツールが、滴定酸等のその他のパラメータを評価します。

フルーツ含有量の推定値

最終レポートにもフルーツ含有量の推定値が記載されます。

Juice Screener SGF Profiling Report
SGFプロファイリングでは、標準化された試料品質レポートとして全結果を保存します。